ニュース
» 2019年06月27日 15時34分 公開

読書好きが選ぶ“夏のメディア化作品” 期待度1位は「ダンまち」満足度1位は「進撃の巨人」に

鬼滅の刃も良かった。

[コンタケ,ねとらぼ]

 BookLiveが運営する総合電子書籍ストア「BookLive!」が、「2019夏のメディア化作品期待度」と「2019春のメディア化作品満足度」のアンケート結果を発表しました。この中で、「2019夏のメディア化作品期待度」の1位に「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」が、「2019春のメディア化作品満足度」の1位に「進撃の巨人」が選ばれています。


ダンまち 進撃の巨人 期待度 夏アニメ 満足度 春アニメ 2019 2019夏のメディア化作品期待度

ダンまち 進撃の巨人 期待度 夏アニメ 満足度 春アニメ 2019 2019春のメディア化作品満足度

 このランキングは、読書好き1644人を対象に行なったもの。書籍からアニメや映画、ドラマなどにメディア化した作品が対象となります。

期待度ランキング

 「2019夏のメディア化作品期待度」で1位に選ばれた「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は、大森藤ノさんによるライトノベル。2015年4月にアニメ化され、2019年7月から第2期が開始予定。今回のアンケートでは、以下のような声が寄せられています。


ダンまち 進撃の巨人 期待度 夏アニメ 満足度 春アニメ 2019 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (C)大森藤ノ/SBクリエイティブ イラスト:ヤスダスズヒト

  • 待望のダンまち2期。ラノベやマンガの展開をどう映像化するのか期待。
  • 続きを待ってました!
  • シリーズ通して見ているので、またどんな世界が描かれるのか楽しみです。
  • ダンまち2期待ちくたびれた! またあの面白い世界に連れて行ってくれる。

 期待度2位は、「凪のお暇」。コナリミサトさんが2016年6月から連載している漫画で、2019年7月からTBSでドラマが始まる予定です。アンケートでは、以下のような声が寄せられています。


ダンまち 進撃の巨人 期待度 夏アニメ 満足度 春アニメ 2019 凪のお暇 (C)コナリミサト(秋田書店)

  • 原作もとても面白かったので楽しみです!
  • 原作の大ファンなので楽しみにしています。慎二役の高橋一生さんが早くみたい!
  • 漫画でも人気の作品なので、映像化になってもっと良かったと思える事を期待してます。
  • マンガで読んで、共感の連続だったので。主人公の配役も私的にはぴったりで楽しみ。

 3位に選ばれたのは、「ルパンの娘」。横関大さんによる小説で、2019年7月からフジテレビでドラマ化されます。


ダンまち 進撃の巨人 期待度 夏アニメ 満足度 春アニメ 2019 ルパンの娘 (C)横関大/講談社

  • 俳優さんに好感、期待が持てます。
  • 深田恭子さんのアクションが楽しみ。
  • 泥棒の娘と警察官という正反対の2人の恋愛話という設定がイイ。
  • ロミオとジュリエットみたい、ばれたらヤバイ。

 以下4位以下は以下の作品が選ばれています。

  • 4位:からかい上手の高木さん(アニメ化)
  • 5位:ONE PIECE(映画化)
  • 6位:東京喰種トーキョーグール(映画化)
  • 7位:とある科学の一方通行(アニメ化)
  • 8位:ギヴン(アニメ化)
  • 9位:監察医朝顔(ドラマ化)
  • 10位:炎炎ノ消防隊(アニメ化)

満足度ランキング

 「2019春のメディア化作品満足度」で1位に選ばれた「進撃の巨人」は、諫山創さんが2009年9月から『別冊少年マガジン』で連載している漫画。2013年にアニメ化され、2016年に第2期、2018年7月に第3期の前半、2019年4月に第3期の後半が放送されました。今回のアンケートでは、以下のようなコメントが寄せられています。


ダンまち 進撃の巨人 期待度 夏アニメ 満足度 春アニメ 2019 進撃の巨人 (C)諫山創/講談社

  • 3期後半、一気にストーリーが変わる辺り必見。
  • 巨人の秘密と生き残るための選択、涙なしでは見れません。
  • 物語の真相へたどり着きそうで目が離せない。
  • 原作屈指の激しい戦闘シーンを含むエピソードですが、登場人物の心情を掘り下げた丁寧なドラマに仕上がっていて胸が熱くなります。

 満足度第2位は「鬼滅の刃」。吾峠呼世晴さんが2016年11月から『週刊少年ジャンプ』で連載している漫画。今回が初のアニメ化となりました。


ダンまち 進撃の巨人 期待度 夏アニメ 満足度 春アニメ 2019 鬼滅の刃 (C)吾峠呼世晴/集英社

  • 恐い場面もあるけど、笑えるところもあってしんどくない。何よりストーリーが面白い。
  • とにかく素晴らしい! 映像が綺麗、声優も、豪華。話も面白い。
  • 原作マンガの作画を最大限に活かしたアニメーションで、特に主人公の剣技を水の流れで表現しているところがステキです。
  • 全く知らずに何となく見たら、凄く絵が綺麗でストーリーも良くて漫画も買うほどハマった。

 3位に選ばれたのは、「きのう何食べた?」。よしながふみさんが『モーニング』2007年12号から連載している漫画で、ドラマが放送されました。


ダンまち 進撃の巨人 期待度 夏アニメ 満足度 春アニメ 2019 きのう何食べた? (C)よしながふみ/講談社

  • コミックと同様料理が美味しそう。加えて主人公二人の配役も良かった。ほのぼのとして良いドラマだと思います。
  • 原作も素晴らしいですが、ドラマはその上を行っています。脚本にキャストに文句なしの素晴らしさです。シリーズ化してほしいです。
  • 何気ない日常の食事。けれどマイノリティであるがゆえの悩みと難しい現実に考えさせられる。
  • 登場人物が全員個性的でいて、誰も嫌味がない。穏やかな気持ちで見られる。

 4位以下は、以下の作品が選ばれています。

  • 4位:ラジエーションハウス(ドラマ化)
  • 5位:名探偵コナン(映画化)
  • 6位:わたし、定時で帰ります。(ドラマ化)
  • 7位:キングダム(映画化)
  • 8位:ワンパンマン(アニメ化)
  • 9位:機動戦士ガンダム THE ORIGIN(アニメ化)
  • 10位:フルーツバスケット(アニメ化)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  8. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」