ニュース
» 2021年02月09日 07時30分 公開

ループする「ぽっぽっぽー」 インコさんが『ハトポッポ』を覚えて25年たった結果、完全なるオリジナルソングに

何度も歌う姿がかわいい!

[宮原れい,ねとらぼ]

 約25年前に完璧に覚えたはずの「ハトポッポ」を歌うオカメインコさんの動画がYouTubeで公開されています。四半世紀の熟成を経て、もはやオリジナルソングに!


オカメインコさんがハトポッポを覚えて25年経った結果

 1996年生まれで、2021年に25歳になるオカメインコの「ハナ」ちゃん。童謡のハトポッポ(鳩)は飼い主さんの口笛をまねして覚えたそうで、「ぽっぽっぽーはとぽっぽー」と楽しそうに歌い始めます。かわいい。

 しかし、本人のアレンジが効きすぎているのか、次のメロディにいったか? と思ったら、気付くと「……ぽっぽー」に戻っています。コメントで寄せられた「いつまでも豆が食えんw」の言葉通り、序盤でループしちゃってる!


いいちこ インコ オカメインコ ハナ ハトポッポ 覚えて25年経ったら 歌 楽しそうに歌い始めるハナちゃん

いいちこ インコ オカメインコ ハナ ハトポッポ 覚えて25年経ったら 歌 絶対に豆を食わせないという強い意志を感じる

いいちこ インコ オカメインコ ハナ ハトポッポ 覚えて25年経ったら 歌 飼い主さんが話しかけるとちゃんと止まります

いいちこ インコ オカメインコ ハナ ハトポッポ 覚えて25年経ったら 歌 お手本を静かに聞いている姿もまたかわいい!

 途中で飼い主さんが「ハナ!良く聞いて!」とお手本を一度聞かせて「どうぞ!」と言うと、ちゃんと言葉を理解しているようで、自分の番だ! と歌い始めるハナちゃん。そんな長い付き合いなのが伝わってくる様子にほっこりしつつ、クセの強すぎるアレンジに笑ってしまう動画となっています。


いいちこ インコ オカメインコ ハナ ハトポッポ 覚えて25年経ったら 歌 お手本を聞いたハナちゃん、どうなる?

いいちこ インコ オカメインコ ハナ ハトポッポ 覚えて25年経ったら 歌 飼い主さんの上手な口笛にテンションが上がるハナちゃん

いいちこ インコ オカメインコ ハナ ハトポッポ 覚えて25年経ったら 歌 しかしお歌は……

いいちこ インコ オカメインコ ハナ ハトポッポ 覚えて25年経ったら 歌 やっぱりアレンジは抜けないようでした。でも楽しそうだからよし!

 そんなハナちゃんは、「いいちこ」の箱が大好きな“いいちこインコ”として知られ、以前には小鳥の形のケーキを容器から助けようとする姿が大きく話題になるなど、人気のインコさんです。



 飼い主である花沢りん吉さんは、Twitter(@iichiko_hana)YouTubeチャンネルにて、ハナちゃんと、2013年に保護したボタンインコのチュン太くんの動画を公開中。また、ハナちゃんを主人公にしたインコ飼育漫画『いいちこインコ とある焼酎(の箱)好きオカメインコの日常』が発売中で、こちらではハトポッポを完璧に覚えた当時のエピソードが収録されています。


太鼓のリズムで行進するハナちゃん

いいちこ インコ オカメインコ ハナ ハトポッポ 覚えて25年経ったら 歌 飼い主さんの「いいちこ」太鼓に合わせて行進!

いいちこ インコ オカメインコ ハナ ハトポッポ 覚えて25年経ったら 歌 さらに飼い主さんの腕トンネルをくぐります。なんてかわいい遊びなんだ……!



いいちこ インコ オカメインコ ハナ ハトポッポ 覚えて25年経ったら 歌 上手に「おいで!」ができるようになりました!

画像提供:「いいちこインコ」飼い主・花沢りん吉さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」