ニュース
» 2021年01月31日 10時00分 公開

文鳥「ごはんは……?」 エサが入っていないエサ入れを見つめて絶望する文鳥がかわいい!

文鳥も絶望することがあるんだね。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 「餌入れに餌が入っていないことを知った時の絶望感。」とメッセージを添えてTwitterに投稿された文鳥の画像が、とってもかわいいです。



 投稿者・野本裕之(@omoton)さんが一緒に暮らしているのは、白い体と赤いくちばしがキュートな文鳥の「ちゃちゃ」くんです。投稿された画像のちゃちゃくんは、エサ入れをのぞき込んだ状態で固まっているように見えて、思わずクスッと笑ってしまいます。



 大きな瞳からは悲しみの色が見てとれます。エサ入れにたどり着くまでのちゃちゃくんの気持ちを思うと、エサ入れをいっぱいに満たしてあげたくなりますね。周囲に置かれているモノとの比較から、ちゃちゃくんの体が小さく切なく見えて、ひご欲を刺激されます。



 ちゃちゃくんの画像を見た人からは「うちの子のご飯とオヤツをそっと差し出したくなるw」や「あまりにも可愛くて思わず笑ってしまいました」などの反響がありました。

 野本裕之(@omoton)さんは、ちゃちゃくんの愛らしい姿をTwitterに投稿している他、写真集『BUNCHO SCENES 01: こちょこちょと唄うので彼の名前はこちょと云います。』をAmazonで販売しています。



画像提供:野本裕之(@omoton)さん

春夏冬つかさ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声