ニュース
» 2020年06月07日 11時00分 公開

花の名前がわかるアプリで文鳥を撮影→サトイモに分類される 丸くてもっちりした文鳥さんがかわいい

そうだったのか……!

[みやはら由惟,ねとらぼ]

 「撮るだけで花の名前がわかるアプリで文鳥撮ったらサトイモに分類された」というオモシロかわいい写真がTwitterに投稿され、注目を集めています。投稿主は漫画家の五十嵐正邦 (@igagarashi)さん。


ALT !?



 小首をかしげ、モチっとした感じで鎮座している文鳥さん。グラデーションピンクなくちばしと真っ白なボデイ、寝ぐせのようにぴよっとはねてる羽根がいとおしいです。飼い主さんがアプリで文鳥さんを撮影したところ、まさかの「サトイモ」に認定されました。


ALT サトイモだったのかも……

 今回使用されたのは、花にカメラをかざすだけでAIが名前を判定してくれると話題になったアプリ「ハナノナ」。お花を識別しているアプリのため、文鳥さんを「サトイモの白いお花」と認識してしまったと考えられます。しかし、文鳥さんのまるっこいかわいさや、白いコロっと感がついつい「食べるお芋のサトイモ」をイメージさせますね。

 ツイートには「丸くておいしそう笑」というノリノリのコメントの他、「文鳥とサトイモの花は似てる気もします」という冷静な声も寄せられています。

 文鳥さんは、優しくなでられるのが大好きな甘えん坊さんとのことで、「もっとなでて〜!」とリクエストすることもある様子。時にはお出かけを阻止したり、キュートなポーズを披露したりする姿もTwitterに投稿されています。文鳥さんはそのかわいさで、飼い主さんの愛情を独り占めしようと頑張っているんでしょうか。これは……ついついかまってしまうかわいさだ……!









 





 飼い主・五十嵐正邦さんは、累計100万部超の人気作『川柳少女』を週刊少年マガジンで連載。コミックスの巻末にはスタッフとして「文鳥たち」を記載していました。同作はこの春に完結し、最終13巻は6月17日に発売予定です。



画像提供:五十嵐正邦 @igagarashiさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」