ニュース
» 2021年07月07日 13時45分 公開

“平成の怪物”松坂大輔が現役引退 藤川球児、森本稀哲ら“松坂世代”のライバルから「大輔、お疲れ様!」

日米通算170勝の大エースでした。

[マンティー・チダ,ねとらぼ]

 埼玉西武ライオンズの松坂大輔投手が7月7日、今シーズン限りでの現役引退を表明しました。「松坂世代」と同世代の代名詞になるほど、一時代を築いた選手の引退にファンは驚きと寂しさを隠せません。「松坂世代」と呼ばれた選手や、ともに戦ったライバルが松坂投手へねぎらいのコメントを残しています。

 昨シーズンから古巣西武へ復帰していた松坂投手。2000年7月に「脊椎内視鏡頸椎(けいつい)手術」を受けていましたが、右手中指の感覚が戻らないとして、今シーズンは登板できない状態が続き、現役引退を決断。西武ライオンズの渡辺久信GMは球団を通じて「このような決断に至り、本人も大変悔しい思いをしています」との声明を発表しています。

 「昨年7月に手術を受け、それ以降もメットライフドームで勝利するということを目標に大輔自身、厳しいリハビリに耐えながらここまでやってきました。ぜひ皆さまには彼のことを引き続き、温かく見守っていただけますと幸いです」と松坂投手引退に際しコメント。松坂投手自身の体調面、精神面が回復した段階で会見を開く意向を示しています。

 松坂大輔 現役引退を表明した松坂大輔投手(画像は西武ライオンズ公式YouTubeから)

 “松坂世代”として阪神タイガースで活躍した藤川球児さんは7日、Twitterで「昨日は色々ありましたね…。松坂選手の引退については、彼の心が落ち着いた時にまた改めて」と松坂投手に配慮しつつコメント。同じく元日本ハムファイターズの森本稀哲さんは「俺らの世代を今まで引っ張ってくれました! 大輔、お疲れ様!」と長年世代を引っ張ったライバルをねぎらいました。

 ルーキーイヤーのオールスターゲームで松坂投手と先発で投げ合った、元読売ジャイアンツの上原浩治さんは「ついに来たか。誰もがいずれ引退はするけど、やっぱり寂しいなぁ」と率直な感想をツイート。「解説者、メディアの立場から、現役の大輔のピッチングを見たかった。周りからの目、手術など、想像が出来ないくらい大変だったと思うね。高卒、大卒で立場が違うって思いながら、いろいろ比べられたなぁ。おつかれ!」と引退を惜しみました。

 「長い現役生活お疲れ様でした」「最後にライオンズのユニフォームを着られた」「もう一度見たかったけど」とファンも松坂投手に激励や期待といったさまざまな感情が込められたコメントを多く寄せています。

 松坂投手は横浜高校在学時、球速150キロを超えるストレートと横に大きく曲がる高速スライダーを武器に「平成の怪物」として騒がれます。1998年の第70回選抜高等学校野球大会では、完成度の高い投球を披露して優勝すると、夏の第80回全国高等学校野球選手権大会では、決勝の京都成章高戦で59年ぶり史上2人目となるノーヒットノーランを達成するなど、圧倒的な活躍で横浜高校の春夏連覇に貢献しました。

 高校野球での活躍が認められて、ドラフト1位で西武に入団。プロ入り初先発初勝利を達成し、1年目から16勝を挙げて、両リーグ通じて高卒新人45年ぶりの最多勝、高卒新人初のベストナイン、新人王を獲得するなど投手のタイトルを独占しました。高卒新人史上初の新人から3年連続最多勝を達成し、2004年アテネ五輪野球日本代表の一員として銅メダルを獲得。2006年3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では大会のMVPを獲得。松坂投手は、エースとして日本代表をWBC初代王者へと大きく押し上げました。

 2006年のオフには、ポスティングシステムでメジャーリーグのボストン・レッドソックスへ移籍し、ピッツバーグ・パイレーツ戦ではメジャー初先発初勝利。移籍1年目から15勝、18勝と2シーズン連続で好成績を残しますが、2009年から右肩、背中と故障が続き、2011年4月には右ヒジに張りが生じて、トミー・ジョン手術を受けます。2012年8月にはメジャー通算50勝目を達成しましたが、成績は1勝7敗と振るいませんでした。

 その後、ニューヨーク・メッツで2シーズン過ごした後、2015年からソフトバンクホークスで日本球界へ復帰しますが、故障によりわずか1試合しか登板できず、2018年には中日ドラゴンズへ。中日では6勝をあげて、カムバック賞を受賞。しかし2019年の春季キャンプで右肩を故障して戦線離脱しました。7月に復帰を果たしますが、初回に8失点と厳しい登板内容となり、その年のシーズンオフに退団。昨シーズンから古巣の西武に復帰していました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  4. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  5. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  6. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  9. /nl/articles/2112/05/news043.jpg 木彫りの「溶けかけの氷」が目を疑うリアルさ 1つの木から掘り出して作った作品に驚きの声
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」