ニュース
» 2021年12月04日 09時00分 公開

猫にカリカリとウェットフード両方を与える理由は…… 猫愛あふれる理由に「ハッとした」「うちもやります」の声続々(1/2 ページ)

猫への愛があふれていました。

[k村,ねとらぼ]

 実家の猫に、カリカリごはんとウェットフードの2種類が同時に出されていたので、「わあ、豪勢だね」と言ったら――。猫への愛あふれる理由が明かされたエピソードがTwitterに投稿され、「参考になります」の声が集まっています。

 ある日、たけのこスカーフ(@takesuka)さんが実家の猫「あむた」さんのごはんを見ると、カリカリごはんとウェットフードの2種類が同時に出されていました。種類が異なるごはんを用意するのはコストも手間もかかるため、「わあ、豪勢だね」と親に言ったところ、思わぬ答えが返ってきたのです。

 それは「見送った猫たちが晩年カリカリが食べられなくなったとき、食べ慣れてないウェットフードを嫌がって点滴しかできずかわいそうだったから、何でも食べられるように育ててる」というもの。たけのこスカーフさんは、猫への愛情あふれるこの回答にハッとしたそうです。

猫 カリカリ ウェットフード 獣医師 高齢 ドライフード 両方 実家の猫、あむたさん。愛されています

 猫は高齢になると歯も内蔵も弱ってしまい、それまで食べていたドライフード(カリカリ)が食べられなくなる子も出てきます。そのため柔らかく消化しやすいウェットフードや療法食に切り替えていく必要がありますが、食べ慣れていないごはんを拒否し、食事ができなくなってしまう猫ちゃんも。

 たけのこスカーフさんの親はそんな事態を避けるため、若いうちからドライフードとウェットフードの2種類を同時に与えて、食べ慣れているごはんを増やそうと考えているのでした。

 将来に備えて猫にドライフードとウェットフードの両方を与えることは、猫にとってプラスになるのか。ガイア動物病院(東京都杉並区)の院長 松田唯さんに話を聞きました。

ガイア動物病院 院長 松田唯(まつだゆい)

埼玉県生まれ。北里大学獣医畜産学部卒業後、千葉県内と東京都内の動物病院で勤務。

2019年7月、ガイア動物病院(東京都杉並区)開設、院長に。治療法や薬について分かりやすく説明し、治療法のメリット・デメリットを理解して飼い主様が選択できる診療を心掛けている。

 ――猫がドライフードを食べられなくなる場合に備えてウェットフードを並行して与えるのは問題ないでしょうか?

 結論から言えば、問題ございません。食べた事がない、知らない食べ物を突然与えられても食べないというのは生き物としての防衛本能ですので、若くて元気なうちから与えておくのは良い事です。特に猫は新しいものを警戒する傾向があります。

 余談かもしれませんが、猫は食べ物の何を重要視しているかという調査があり、それによると味はあまり重要視していないという事が分かっています。味よりも匂いや食感(カリカリの形や水分量)を優先しているようです。

 そのため、匂いの強いものを好んで食べる傾向にあります。これを利用して、食欲がないときにはウェットフード(水分が多いものの方が匂いが強い)にし、人肌程度にあたためて与えるという手法を取る事があります。もちろん、猫の性格によっては食べないこともあったり、カリカリ(ドライフード)の方が好きだったりするので、絶対成功するとはいえませんが……。

 ――ウェットフードを定期的に与える際に、気を付けることを教えてください

 ウェットフードは食いつきが良い事が多いのですが、デメリットもあります。1点目は歯周病になりやすいこと。歯にこびりつきやすいので、カリカリだけ食べている場合に比べて格段に歯石がつきやすく、歯周病の原因となります。歯磨きをしていれば問題はないですが、猫では性格的に難しい事が多いですよね。

 2点目は、カリカリに比べてカロリーが高いことです。よく食べるからといって体重管理を怠ると、糖尿病や関節病の原因になるほど太ってしまいますので注意が必要です。

 3点目は、ウェットフードに慣れてしまうとカリカリをあまり食べなくなることがあります。食べられるものを増やしたいという目的で与えたはずが、カリカリという選択肢を削ることになってしまうパターンがよく見られます。4点目は、ウェットフードはカリカリに比べて少々値段が高いので、食費がかかってしまいます。でも猫ちゃんが喜んで食べる姿のために、ついつい買ってしまうんですよね。

(了)

 たけのこスカーフさんの投稿には、「私もハッとしました」「犬にも言えることですね」と目からウロコと感じた人からのコメントや、「ウチも朝はウエット、夜はドライです」「うちも仔猫の頃から、ウエット・ドライ、魚・鶏・牛など味を時々変えるようにした」など、さまざまな経験談が寄せられるなど、猫飼いの間で盛り上がりを見せています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」