【トレーナー解説】犬を花火大会に連れて行くのは危険? 知っておきたい、大きな音に怖がる犬の心理と行動を徹底解説

犬を花火大会に連れて行く危険性についてドッグトレーナーが解説します。

» 2024年03月28日 16時00分 公開
[ペトコト編集部ねとらぼ]

 ペットが幸せな一生を送るためのサービスや情報を提供するペトコトが運営するペットライフメディアから、大切な家族である愛犬や愛猫と、健康で幸せな人生を一緒に楽しむための知恵をお届けします。

 ペトコトメディアは獣医師やトリマーをはじめ、100人以上の専門家が執筆。病気・しつけなどの専門知識から、ドッグカフェ・宿などのレジャーまで、信頼できる情報を幅広く伝えています。

 今回はそんなペトコトメディアから「犬を花火大会に連れて行く危険性」についてご紹介します。

著者:ペトコト編集部

ペトコト編集部

獣医師やトリマーをはじめ、100人以上の専門家が執筆・監修し、病気・しつけなどの専門知識から、ドッグカフェ・宿などのレジャーまで、信頼できる最新情報を幅広くお伝えします。ペットフードについてはこちら


 夏の一大イベントといえば「花火大会」。愛犬と一緒に楽しみたいと思う一方で、花火を怖がる犬が多いのが現実です。全国でそれぞれ特徴のある花火が打ち上がる花火大会は、旅行のプランに入れている人も多いと思います。しかし、愛犬を花火大会に連れて行くのにはリスクが伴います。注意点や対策をしっかり確認しておきましょう。

犬を花火大会へ連れて行く危険性

 花火大会は、たくさんの人で混雑します。普段よりも見通しも悪く、足元にいる犬に気がつかない人もいるでしょう。

 また、犬自身が花火や人混みを怖がることもあります。

 せっかくの楽しいイベントも思わぬトラブルになってしまうことがあるため、事前に犬と一緒に行く花火大会の危険性を確認しておきましょう。

01 パニックを起こす恐れがある

 大きな音や人混みが苦手な犬の場合、逃げることも隠れることもできない花火大会では、パニックを起こす恐れがあります。

 パニックになった犬は、いくらしつけができていても「いつも通りの行動」はできません

02 脱走・迷子の恐れがある

 花火が始まって大きな音がしたらびっくりして走り出してしまうことも考えられます。

 人混みの中でうっかりリードから手が外れてしまったら、一瞬で迷子になってしまうでしょう。

03 怪我や骨折などの恐れがある

 愛犬を抱っこしながら花火を鑑賞する場合、普段とは異なる環境にパニック、または大きな音にビックリして飼い主さんの腕から飛び降りてしまうことも考えられます。

 その際に骨折してしまったり、逃走により人に蹴られてしまったり、交通事故に遭ったりする恐れがあります。

04 過剰なストレスがかかる恐れがある

 慣れない環境に、ストレスがかかる恐れがあります。

 犬のストレスサインとして以下の行動が見られるため、愛犬にストレスがかかっているようであれば、早めに帰宅しましょう。

  • 震える
  • しっぽを内股に挟む
  • 荒い呼吸(パンティング)をする
  • 耳を後ろに倒す
  • 目を見開く
  • 落ち着きがない
  • 呼んでも反応しない(いつもできる行動ができない)
  • あくびをする
  • 座る・伏せる
  • 鼻を舐める

 緊張の度合いは犬によって異なりますが、飼い主が愛犬の気持ちにいち早く気付いてあげられるよう、日頃からよく観察しておきましょう。

05 誤飲の恐れがある

 花火大会会場には屋台や出店が立ち並び、会場に来るほとんどの人が食べたり飲んだりしています。

 その食べこぼしや、食べ終わったゴミが落ちていることも多いため、犬にとって誘惑いっぱいの会場といえるでしょう。

 特に、拾い食いの癖がある犬は要注意です。

ドッグトレーナー直伝!散歩中の【犬の拾い食い】の直し方(犬のしつけ/ドッグトレーニング/誤飲)

06 熱中症の危険性がある

 夜だからと安心するのは危険です。

 夜であっても湿度が高く風がない日や人の熱気、水分補給ができないと熱中症になる恐れは十分にあります。

【獣医師解説】じつは室内が多い?【犬の熱中症】の症状や対策・対処法

07 犬が原因でトラブルが起きる恐れがある

 花火大会には犬が苦手な人や小さな子どもから年配の方まで幅広い年齢の人がいます。

 犬に悪気がなくても、急に舐めたり、吠えたりすることで相手に恐怖心を与えてしまう場合があります。

 特に、小さな子どもは舐められてびっくりして泣いてしまうなど、たとえ噛まれていなくても、トラブルになりやすいといえるでしょう。

犬が花火の音を怖がる理由

 犬は人よりも聴覚が鋭く、自然界に無い音や突然の大きな音を本能的に回避しようとします。

 特に、花火や太鼓、雷というのは「聞こえる音」だけでなく「体に響く音(振動)」というのも怖い理由の一つだと考えられます。

 人間でも花火など響く音が苦手な人がいるように、人よりも体の小さい犬たちはかなりの振動を感じているのではないでしょうか。

犬が花火の音を怖がるときの対処法

 1番良いのは、花火の音が聞こえない場所に移動してあげることですが、それが難しい場合怖がっている犬に対して「どうやったら安心させてあげられるか」を考える必要があります。

 犬によって「安心する条件」は異なります。怖がっているからと抱っこすればいいというわけではありません。

 抱っこが嫌いな犬を抱っこすれば、安心するどころか余計にストレスを与えてしまうことになりますので「愛犬の好きなこと」「落ち着く場所や状況」を日頃からよく観察しておくことが大切です。

まず飼い主が落ち着く

 怖がっている愛犬を落ち着かせてあげるためには、まず飼い主が落ち着くことが大切です。

 犬は人の気持ちに敏感です。飼い主が怖がっていると犬も不安になってしまいます。

 まずは、飼い主が落ち着くこと。それから、優しい声をかけながら撫でたり、抱いたりしてあげてください。触られるのが嫌いな子なら声をかけてそばにいてあげるだけでもいいです。

クレートなど安心できる環境作り

 犬はもともと巣穴を掘って暮らしていたため、狭くて暗い場所が落ち着きます。しかし、知らない場所ではいくら狭くて暗い場所であっても、安心することはできません。

 クレートトレーニングを日頃からしておくことで「ここにいれば安心だ」と犬にわかってもらうことができます。

 雷の光や大きな音がしている場合には、大きめのバスタオルで覆ってあげるといいでしょう。

【ドッグトレーナー解説】犬のクレートトレーニングの教え方やおすすめグッズ(犬のしつけ/子犬/成犬/保護犬/ハウストレーニング)

犬の気がそれることをする

 「怖い」のレベルにもよりますが、おやつやおもちゃなど、その子が好きなことで気をそらしてあげましょう。

 びっくりしただけならすぐに楽しいことに夢中になれるでしょう。本当に怖がっている犬の場合には、声をかけてもおやつを目の前に出しても無視します。

 怖くて食べられない子には無理にあげず、落ち着いてからご褒美としてあげます。怖い経験で終わらせないことが大切です。

 愛犬の好きなものは事前に把握しておくといいでしょう。

まとめ

 大切な家族だからこそ、愛犬も一緒に花火大会に連れて行きたいという気持ちはわかりますが、万が一のことを考え愛犬はお留守番させるという選択をするのも飼い主として大切なことです。

 花火大会には行かなくても、花火の音でパニックになってしまう犬は一度ドッグトレーナーや獣医師に相談することをおすすめします。

 愛犬が花火の音に怖がらず、一緒に花火を見たいという人は、ルーフバルコニーや屋上など安全に見られる場所から見るようにしましょう。

 抱っこして見るときは腕の中からの飛び出しや転落に注意してくださいね。

著者:ペトコト編集部

ペトコト編集部

獣医師やトリマーをはじめ、100人以上の専門家が執筆・監修し、病気・しつけなどの専門知識から、ドッグカフェ・宿などのレジャーまで、信頼できる最新情報を幅広くお伝えします。ペットフードについてはこちら


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  5. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  6. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」