崩壊しかけた飼育難関種「ヨコヅナアリ」、試行錯誤の末に…… 初めて立ち上げが成功したコツが興味深い(1/2 ページ)

※集合体恐怖症の人は閲覧注意です!

» 2024年06月28日 21時00分 公開
[三日月影狼ねとらぼ]

 YouTubeチャンネル「ぴぴんap生き物チャンネル」に、崩壊しかけた飼育難関種のアリ「ヨコヅナアリ」の立ち上げに初成功した様子と、そのコツをまとめた動画が投稿されました(※本記事にはアリが多数登場します。虫が苦手な人、集合体恐怖症の人は閲覧注意です)。

サムネイル
【超難関種】崩壊しかけたヨコヅナアリの立ち上げに初めて成功しました!

アリ飼育の難関種「ヨコヅナアリ」

 こちらの動画を投稿したのは、は虫類から昆虫、海洋生物までさまざまな生き物を飼育しているぴぴんさん。そんなぴぴんさんは今回、紆余曲折ありつつも東南アジアに生息する飼育難関種「ヨコヅナアリ」の立ち上げに成功したのだといいます。

 最初は女王2匹とマイナーワーカー(小さな働きアリ)がたくさんという、安心安全な状態で飼育をスタートしたはずのぴぴんさんですが……?

ヨコヅナアリの巣 東南アジアに生息する「ヨコヅナアリ」です
ヨコヅナアリの巣アップ この状況に持ってくるまでには紆余曲折があったのだとか

数々の困難を乗り越えて増えたヨコヅナアリ

 飼育スタートから数日後、なぜか女王が1匹死んでしまいました。さらに軌道に乗ったと思って新居+新しい餌場に引っ越しをしたところ、マイナーワーカーが大量死。マイナーワーカーが数匹しかいないという、壊滅的な状態になってしまったのです。

女王2匹 安心安全なスタートのはずが
女王お亡くなりに 数日で雲行きが怪しくなってしまいました

 もしやエサを持っていくのに苦戦しているのでは? と思いついたぴぴんさんは、餌場ではなく巣穴にエサを直接入れ続けてみることに。するとなんとか回復し、状況が安定したのだそうです

壊滅の危機 壊滅の危機が訪れ
失敗の予感 失敗の予感がしつつもなんとか回復

 現在の巣をじっくりと見てみると、マイナーワーカーの他にたくさんの卵やサナギ、幼虫の姿が見られます。どうやらコロニーは安定したようですが……なんとアリが脱走するという、とんでもないハプニングが発生しているのだとか。

 一旦アリが脱走していると思われるところをふさぎ、外に逃げてしまったアリを筆にくっつけて戻し様子を見ることにしたぴぴんさん。エサとしてレッドローチと呼ばれるゴキブリを与え、アリが一気に群がる様子を見せてくれたのでした。

レッドローチに群がるアリ ごはんタイム
レッドローチに群がるアリ×2 崩壊しかけたとは思えないほどの活力です

数々の困難を乗り越えてつかんだ飼育のコツ

 ぴぴんさんによると、ヨコヅナアリの飼育難易度が高い理由は「マイナーワーカーが弱いこと」にありそうだとのこと。マイナーワーカーは巣の中でエサを運ぶなどの仕事をするアリであり、マイナーワーカーがいなくなると巣が終わってしまうのだとか。

 そこでたどり着いたヨコヅナアリ飼育のコツはずばり、「マイナーワーカーが死なないように飼育する」こと。巣穴にエサを入れるなどしてマイナーワーカーに仕事をさせず、なるべく疲れさせないようにするといいようです。

白いつぶつぶ 卵とサナギがたくさんです

 また温度の管理も重要とのこと。スタート時は30度に設定していたものの、代謝がよくなりすぎるのかマイナーワーカーの死ぬ率が高かったため、現在は27〜28度で管理しているのだそうです。湿度も重要で、乾燥させるとこれまたマイナーワーカーが死んでしまうのだとか……。

 そしてなにより、エサ不足が一番まずいとのこと。エサ不足ではコロニーが大きくならない上に寿命が短くなるため、十分なエサを与える必要があるのだとか。常に死んでしまう個体の数より新たに生まれる個体の数が多い、生産性が高い状態を保つことを心掛ける必要があるのだそうです。

穴に群がるアリ ヨコヅナアリ飼育の際には参考にするとよさそうです

 なお巣の中には頭が大きく、おしりに蜜をためている非常食や貯蔵庫のような役割の働きアリがいるのだそうです。この個体を作っておかないと、巣の中でひもじい思いをしている個体が死んでいってしまうのだとか……ヨコヅナアリはなんとも繊細な生き物なのですね……!

「ちょうど飼いたかったからうれしい!」の声

 こちらの動画には、「ちょうど飼いたかったからめっちゃうれしい!」「コロニーがでかくなるとでかいメジャーワーカーも餌場に出てくるようになりますよ」といったコメントが寄せられています。

 ぴぴんさんが飼育している生き物たちの様子は、同チャンネルとX(@Apiyarou2012)に投稿されています。

ヨコヅナアリ編その2
ヘラクレスオオカブトを掘り出してみた
顔みたいなクワガタを掘り出す

画像提供:YouTubeチャンネル「ぴぴんap生き物チャンネル

三日月 影狼

ねとらぼ動物オススメ記事

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  3. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  7. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」