3年育てた“生きた化石”が突然死んだ理由に驚がく 「ただただ衝撃……」「自然の力は人間の想像以上ですね」(1/2 ページ)

ジャンプ力とパワーに驚愕。

» 2024年07月07日 19時30分 公開
[Yukiねとらぼ]

 3年間育てたピラルクに起きた悲劇が、YouTubeチャンネル「ちゃんねる鰐」で公開されました。動画は記事執筆時点で20万再生を突破しており、4400件を超える“高評価”が寄せられています。

3年育てたピラルクを死なせてしまいました

水槽から消えた人気者のピラルク

 投稿したのは、2023年4月にオープンした施設「深谷爬虫(はちゅう)類館」(埼玉県深谷市)の館長・鰐(わに)さんです。今回は悲しいお知らせとのことで、3メートルの大型水槽からいなくなってしまったピラルクの話を始めました。

ピラルクサムネ 悲しいお知らせとは……?
水槽 ある日水槽からいなくなった……!?

 ピラルクは体長3メートル以上にもなる、世界最大級の淡水魚。進化において1億年間ほとんど姿が変わっていないと考えられることから「生きた化石」ともいわれ、深谷爬虫類館でも1番人気の魚です。しかしある朝、出勤したスタッフから「ピラルクの姿が見えない」と鰐さんに連絡がありました。

厳重に対策をしていたのに……

 あわてて探してみたところ、水槽の裏に飛び出して落ちてしまっていたピラルクを発見。残念ながらすでに死んでいました。

ピラルク死骸 水槽の外で見つかったピラルク
他のピラルク さみしくなった水槽

 ピラルクはかなりパワーがあり、ジャンプをする生き物ということは重々承知していたので、かなり厳重に飛び出し対策は行っていました。特注のポリカーボネート板を使ったフタは厚さ10ミリ、重さは1枚8キロあるものです。それをネジ止めし、さらに天井との間に突っ張り棒を入れていたのですが、突っ張り棒の力が十分に加わっていない部分に思いっきりぶつかって飛び出してしまったのではないかとのこと……。十分な対策をしていても、ピラルクのパワーはそれを超えるものだったのです。

ネジ 特製板をネジで留め……
天井 突っ張り棒も

 水槽がそろそろ狭くなってきたこともあり、ピラルクのために200万円かけてもっと大きな新しい水槽を導入する計画を立てていた矢先の悲しい出来事……。もっと厳重に対策をしておけば良かったと後悔していると鰐さんは話しています。

3年以上飼育した思い入れのある1匹

 死んでしまったピラルクは、赤ちゃんのころから3年間飼育してきた個体。体長は1メートルを超え、重さはなんと11.6キロまで成長しました。色も赤色が鮮やかに首元近くまで入り、思い入れのある1匹だったそうです。亡骸は冷凍してあり、はく製にするかどうかを現在考えているそうです。

稚魚 3年前はこんなに小さかったピラルク
冷凍ピラルク 色もとても美しい個体でした
11キロ 11.6キロ

パワーに驚くコメントと哀悼の意が寄せられる

 せっかくピラルクのために用意した新しい巨大水槽は、これから設置予定。今度はもっともっと厳重に対策を施して、“また大きなピラルクを泳がせたい”と鰐さんは思っているそうです。

 動画には、「こんな対策してるのに飛び出すピラルクのパワーエグいな」「やりすぎくらいの対策だと思ったんですけど、、、それでもなんですね、、、」「しっかりしたゲージでしたが悲しい事故でしたね…」「こんだけして飛び出すの?」などピラルクの想像をはるかに超えたパワーに驚いたというコメントとともに、人気者への哀悼の意が多数寄せられています。

今のは虫類館 新しい水槽がもうすぐ設置される予定です

 深谷爬虫類館で暮らすさまざまな生き物たちの様子は、YouTubeチャンネルの他、X(Twitter/@fukayahachu)でも発信しています。

画像提供:YouTubeチャンネル「ちゃんねる鰐」さん

(Yuki ブログInstagram

ねとらぼオススメ記事

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  2. /nl/articles/2407/10/news151.jpg 妻との口ゲンカに負けた夫が“仕返し弁当”を作ったら…… ギョッとする仰天ビジュアルに「量半端ないですってw」「笑いと共に鼻水も出ました」
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/15/news007.jpg 「気が付かなかった」 実は“ガンプラじゃない”衝撃のガンダムやサザビーが話題 「これはメカメカしくて良い」
  5. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  6. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  7. /nl/articles/2407/10/news203.jpg 夫「ピザ窯作ろう!」突然のDIY宣言→まさかの30分後…… 夢が広がる最高の夕飯に「たまらなく良き」「うちにも欲しい」
  8. /nl/articles/2407/14/news005.jpg 毛糸でリメークした“ユニクロ無地Tシャツ”に「袖を編んでしまうの」「ステキ」 オシャレに生まれ変わった完成形に注目
  9. /nl/articles/2407/15/news012.jpg 2歳娘がリップをお口に塗ると……予想外の展開が330万再生 きっと笑顔になる結末に「こんなん目の前でやられたら尊死するわ…」
  10. /nl/articles/2407/12/news154.jpg コレどうやったの!? “ビンの中でボルトを締める”不思議な木工パズルが1200万再生 「クレイジーだ」「ストレステストかな?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」