東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」(1/3 ページ)

衝撃すぎる……。

» 2024年07月08日 21時00分 公開
[土屋真理菜ねとらぼ]

 東京の用水路になぜこの生き物が……。捕獲と繁殖の調査をすすめる動画がYouTubeチャンネル「あらかわちゃんねる」に投稿され、記事執筆時点で動画の再生数は66万回を突破。「想像以上にヤバかった」「放流した人はホンマに罪深い」「捕獲して飼って下さって有難い」とコメントが寄せられています。

ありえない!東京の用水路にアマゾン川の外来魚が大量発生?繁殖の危険性について大調査

東京の用水路で外来種が発見される

 投稿者は生き物系YouTuberのあらかわ(@Arakawa455)さん。海に潜って深海魚を見つけたり、川で投網を投げたりしながら日々珍しい生き物たちの姿を追い求めています。以前には、顔がゾウすぎる深海生物を発見したときの動画も話題を集めていました(関連記事)

 今回は、視聴者さんから寄せられた「これってアマゾンのあの魚じゃないですか?」というDMを元に、東京の用水路に調査をしにきたそうです。まさか東京に、アマゾンに住んでいるはずの魚がいるなんて……?

用水路に外来魚が大量発生 まさか東京に外来種が

アマゾン川に生息するあの熱帯魚が

 あらかわさんが調べたところ、この川には温排水が流れているもよう。そのため、確かにアマゾンや南米の外来種が水路にいる可能性はありそうです。同じく生き物系YouTuberのマーシーさん(@marsy-catchinghanting)とともに川の調査を進めていると、なにやら俊敏な動きを見せる魚を発見しました。さらに、視聴者さんから「1匹いる」という情報を得ていたあらかわさんですが、その魚は複数匹いて、繁殖しているようです。

 マーシーさんと協力して網で誘い込み、あらかわさんは素手で魚をゲット。その魚は大きな背びれとマダラ模様が特徴的で、南米のアマゾン川原産の「セルフィンプレコ」または「マダラロリカリア」と呼ばれる熱帯魚でした。

用水路に外来魚が大量発生 捕獲成功
用水路に外来魚が大量発生 アマゾン原産の「セルフィンプレコ」
用水路に外来魚が大量発生 特徴的なマダラ模様

 その後も個体を捕まえつつ、繁殖の調査を進めるあらかわさんとマーシーさん。素早い動きに苦戦しながらも、今度はかなり大きなセルフィンプレコを捕まえました。先ほどの個体は15センチ〜20センチほどでしたが、2匹目は35〜40センチほどありそうです。

用水路に外来魚が大量発生 大きい個体も捕れました

 またセルフィンプレコは頭に固い甲羅を持っているのも特徴。指の関節で叩いてみると、頑丈な「コンコン」という音が鳴りました。この個体は、大きくなると天敵がいない魚だと言われており、なんとワニの歯が貫通できない硬さを持っているそうです。

用水路に外来魚が大量発生 硬い甲羅はワニでも食べれない

繁殖している可能性大

 セルフィンプレコの繁殖は、用水路の下側に横穴を掘ってそこに卵を産み付けるという習性。今回の水路も手を突っ込むと護岸が土および砂利になっているため、産卵をすることが可能な土地になっていました。しかしセルフィンプレコが護岸に穴を掘りすぎると、護岸が崩れてしまうという例もあり、このままでは自然の生態系が崩れてしまう危険な状況。このあたりの用水路も護岸が崩れはじめていました。危ない状況になる前に、ふたりは捕獲を進めていきます。

用水路に外来魚が大量発生 産卵しやすい場所でした

 実は今回の川であらかわさんは、約7年前にもセルフィンプレコを5匹捕獲したとのこと。ほぼ獲りつくしていたので「もういないだろう」と思っていたものの、それからも数年の間でちょこちょこ捕られていたとの情報も得ました。つまり、セルフィンプレコが継続的に放流されているか、もしくは繁殖している可能性が高いようです。

用水路に外来魚が大量発生 護岸が崩れてしまっています
用水路に外来魚が大量発生 かなりたくさんいる様子

捕獲したセルフィンプレコの新しい家

 その後も次々とセルフィンプレコを捕まえたあらかわさんとマーシーさん。捕獲したセルフィンプレコは、野生に放たれて捨てられてしまったペットたちを飼育している「深谷爬虫類館」の運営者・鰐さん(@WANIVSPBAO)さんの元で飼育してもらえることになりました。駆除されずに、新しいお家が見つかってよかったです。

用水路に外来魚が大量発生 捕獲した「セルフィンプレコ」は飼育してもらえることになりました

 なお、あらかわさんは「動画を見てガサガサ(捕獲)に行く人が絶対いると思います。その行動を止めるつもりはありません」「しかしこの用水路の周りでは多くの地元の人が散歩されていたり、魚を見ています」「そういった地元の方に絶対にあいさつをしてください」「外来種を取っている、良いことをしていると思っても、傍から見たら魚を獲ってる怪しい人です」「そのため必ずごあいさつや自分が何をしているかをしっかり説明できるようにしてください」「当然ですが、花を踏み荒らしたりゴミを捨てていくのはもってのほかです」と注意喚起しています。

 あらかわさんの活動の様子は、YouTubeチャンネル「あらかわちゃんねる」の他、X(@turisaitama)にて公開中。珍しい生き物を見てみたい人は、遊びにいってみるとよさそうです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」