ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

幻のGT-Rコンプリートカー「NISMO 400R」、デジタル資産「NFT」として販売(1/2 ページ)

NFTって、何だー?

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-
advertisement

 東京オートサロンなどで希少車オークションを展開するBH AUCTIONが、テコテックと共同で希少性の高いコレクタブルカーの付加価値をデジタル資産「NFT」としてパッケージ化した「クルマのNFT商品」を開発。その第1弾として、伝説のR33型GT-Rコンプリートカー「NISMO 400R」をNFT化した「NISMO 400R-NFT」を販売します。

NISMO 400R NFT
「NISMO 400R」をNFT化した「NISMO 400R-NFT」が登場
NISMO 400R NFT NISMO 400R NFT NISMO 400R

 NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)は、ブロックチェーン技術を用いて実現する、偽造できない、代替できないデジタルデータのことです。偽造できず、唯一無二のデータになり得ることから「資産価値」を持たせることができます。

 例えば、これまでコピーが容易だった映像や写真集、イラストなどのデジタルデータに所有証明を付与して「正規所有者だけが見られる、利用できる、独占できる」を実現する、併せて海賊版対策をしたり、中古などの売買における著作者・権利者への対価供与の手段を実現できたりします。

 デジタルデータだけでなく高額な美術品などの「物品」に対するNFT化も活発で、「所有権のシェア」のような手段も進んでいます。中古本や中古ゲームなどの二次流通もNFTの活用で大きく変わるかもしれないと言われます。

NISMO 400R NFT
NISMO 400R-NFTのオーナー限定で見られるデジタルコンテンツをパッケージ化。松田次生さん所有の「NISMO 400R」に同乗できる権利も提供

 今回のNISMO 400R-NFTはそのクルマ版です。高額に取引される伝説のコンプリートカー・NISMO 400R(関連記事)を入手し、そのものの実車オーナーになるのは困難ですが、その中の「付加価値を体験/独占できる権利」を商品化したイメージです。同社らによるとクルマのNFT化は業界初としています。

 NISMO 400R-NFTのオーナーには、NISMO 400Rの3Dデータと誕生までの特別ストーリーが見られるデジタルコンテンツを提供するほか、実車オーナーであるプロレーシングドライバー松田次生さん所有の実車に「同乗」できます。

NISMO 400R
(参考)NISMO 400R(画像:NISMO)。現行はデジタル写真集的、ファンコミュニティーの特典的程度の印象を受けるかもしれません。しかし、米国の通称25年ルールなどで中古車/ヘリテージカーの「所有者不明/行方不明/海外流出/価格が高騰し過ぎ」も課題とされます。クルマのNFTどうなっていくか、その先の進展に期待です

 NISMO 400R-NFTは、2022年1月に先行予約販売を開始予定。同プラットフォームを用いて「実車のNFT化サービス」や「販売・顧客間売買代行サービス」なども順次展開して行く計画です。

大泉勝彦



       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る