ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

「手強い傷が顔に」 アイナ・ジ・エンド、事故で頭部に“30針” 血が止まらず救急車内で「死にたくない」(1/2 ページ)

早く治りますように。

advertisement

 6人組ガールズグループ「BiSH」のアイナ・ジ・エンドさんが3月30日にTwitterを更新。頭部のケガの状態を写したソロショットをアップしました。

 撮影中の事故により、頭部を負傷したことが23日に発表されていたアイナ・ジ・エンドさん。療養が必要と判断されたことから、直近のテレビ出演およびライブが出演延期もしくは中止となることが発表されていました。

 アイナ・ジ・エンドさんがTwitterにアップした画像では、おでこに大きな傷が残っていることが確認できます。また、アイナ・ジ・エンドさんは直筆のメッセージで事故当時の状況を告白。およそ30針も縫ったという大きなケガだったといい、「止まらない真っ赤な血と、痛み。引受先がなかなか決まらない救急車の中で息がうまく続かなくて寒くて体がどんどん冷えていくのが分かりました。 死にたくないって思いました」と当時の心境を吐露しています。

 「なかなか手強い傷が顔にできちゃったけどこの傷跡に名前をつけて、かわいがるのだ。よかったら、傷ごと、ごろんと愛してください」ともつづったアイナ・ジ・エンドさん。「生きていて、はっぴーです」「また会いたいし、また踊って歌いたいです。元気に治療しているので待っていてね」とファンに呼びかけています。

 「BiSH」は、解散前ラストシングル「Bye-Bye-Show」を3月22日にリリース。6月29日のラストライブをもって、解散するとアナウンスされています

アイナ・ジ・エンドInstagram
アイナ・ジ・エンドさん(画像はアイナ・ジ・エンドInstagramから)
       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る