【機動戦士ガンダム0083】あなたが乗ってみたいMS・MAはなに? 【アンケート実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 機動戦士ガンダム0083 は、機動戦士ガンダムと機動戦士Zガンダムの間に位置する作品で、連邦軍とジオン軍残党の戦いが描かれています。連邦とジオン、それぞれの暗部を詳細に描いたストーリーが注目を集め、根強い人気を誇る作品です。

 そこで今回は、「あなたが機動戦士ガンダム0083で乗ってみたいMS・MAは?」という人気投票を実施します。昔からのガンダムファンにとって特に思い入れのある作品。あなたが乗ってみたい機体をぜひ、教えてください! それではまず投票対象の中から、3機を抜粋して紹介します。

「Amazon.co.jp」より引用
U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ 機動戦士ガンダム0083 ―ジオンの残光―"

U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ 機動戦士ガンダム0083 ―ジオンの残光―

堀川りょう, 佐久間レイ, 大塚明夫, 山田義晴, 伊倉一恵, 真柴摩利, 大塚周夫, 小林清志
3,318円(06/20 05:19時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

ガンダム試作3号機ステイメン

 ガンダム開発計画に基づいて試作された実験用のガンダムタイプモビルスーツ。大型オプション・オーキスとの合体を想定し、モビルスーツのユニット部分として開発されたステイメンは、主に火器管制と機体制御の役割を果たします。

 オーキスと合体することで超大型モビルスーツ・デンドロビウムとなり、モビルスーツの汎用性と、モビルアーマーの攻撃力を兼ね備えた機体が完成しました。ステイメンのみでも高性能なため、単体での運用も可能です。

「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

パワード・ジム

 連邦軍の量産型モビルスーツ・ジムのバリエーションの一つ。劇中ではトリントン基地に2機配備されていましたが、そのうち1機はガンダム試作2号機奪回作戦中に撃破されてしまいました。

 後期生産型のジムをベースに、新型モビルスーツ開発のための評価試験機という名目で開発されました。そのため、大型のバックパックや大推力パックを無理やり取り付ける改修が施されています。

advertisement

ゲルググM指揮官タイプ

 ジオン軍が一年戦争末期にゲルググを海兵隊仕様に改修した機体・ゲルググMを、さらにカスタムアップした機体。黄土色とパープルのカラーリング、指揮官用のアンテナと頭部に付けられたバルカン砲が特徴的な機体で、シーマ艦隊の司令シーマ・ガラハウ中佐の専用機として運用されています。

 劇中ではコウ・ウラキの乗るガンダム試作1号機と交戦し、半壊に追い込む戦果をあげました。ただし、試作1号機は地上戦仕様のまま宇宙に上がっていたので、圧倒的にゲルググに有利と言える状況でしたが……。

「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

その他

 機動戦士ガンダム 0083に登場するMS・MAの中から、代表的な3機をピックアップして紹介しました。一年戦争後の舞台を描いた0083。それだけに登場するMS・MAは、Zガンダムへと繋がる物語性を感じさせます。なお投票対象には、ほか23機をリストアップしました。

 また選択肢にないMS・MAに乗りたい人は、その他への投票と、コメント欄に機体名を書き込んでください。それでは下のアンケートより、ご投票よろしくお願いします!

advertisement

アンケート

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング