メディア

【ガンプラ】あなたが一番好きな「RX-78-2 ガンダム」のプラモデルはどれ? 【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 テレビアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ(MS)のプラモデル、通称「ガンプラ」。アニメ第1作の放送終了後、再放送や劇場版の公開などが後押しとなってじわじわと人気に火が付き、1980年代には“ガンプラブーム”を巻き起こしました。それから40年近くを経た今もなお、最新の商品が生まれ、新たなファンも獲得し続けています。

 そんなガンプラの顔といえば、やはりファーストガンダムこと「RX-78-2 ガンダム」でしょう。1980年に発売された初代ガンプラを皮切りに、これまでにサイズやグレードの異なるさまざまな種類の「ファーストガンダム」のガンプラが発売されています。

 そこで、ねとらぼ調査隊では、「あなたが一番好きなファーストガンダムのガンプラはどれ?」というアンケートを実施します。最先端技術を駆使して生み出された最新バージョンが好きな人はもちろん、思い出深い旧キットが好きという人もぜひ投票してください!

 それではまず、「バンダイホビーサイト」公式HPに掲載されているファーストガンダムのガンプラの中から、いくつかピックアップして紹介します。

「バンダイホビーサイト」より引用
advertisement

1/144 ガンダム

 1980年に「ベストメカセレクション」シリーズとして発売された、記念すべき最初の「1/144 ガンダム」のプラモデルです。

 当初は、はめ込むだけで作ることができる「スナップフィット」式ではなく、組み立てには接着剤が必要で、色も薄い緑がかった白い成型色のみでした。現代のガンプラと比べてしまうとさすがにクオリティの差は大きいですが、プラモデルを作るという原点に立ち返った醍醐味が味わえるキットと言えるでしょう。

 また、パッケージイラストに「このキットにはアムロは、入っていません」という注釈が入っているのも特徴的ですよね。

「バンダイホビーサイト」より引用
1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)"

1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)

1,100円(08/11 08:37時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

MG 1/100 RX-78-2ガンダム

 1995年にガンプラ発売15周年を記念して誕生した、1/100スケールの「マスターグレード(MG)」シリーズ。最高のガンプラを目指したというMGシリーズは、ガンプラの中でのスタンダードモデルとなりました。

 その後、「MG 1/100 ガンダム」は、技術の進化とともにその都度バージョンアップされ、「Ver1.5」を経て2008年には「Ver2.0」が発売。さらに進化はとどまることなく、2013年には「Ver.3.0」が発売されました。

 バージョンアップするたびに可動域も広くなり、よりダイナミックなポージングも可能になるなど、ガンプラの進化がよくわかります。ただ、バージョンによって顔立ちやプロポーションにも差異が生じているため、ファンの間でも好みが分かれるところでしょう。

「バンダイホビーサイト」より引用
ガンプラ MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム)"

ガンプラ MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム)

5,500円(08/11 08:37時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム

 2001年に「ハイグレードユニバーサルセンチュリー(HGUC)」シリーズとして発売された「1/144 ガンダム」。初代ガンプラから約20年の時を経て発売されたHGUCは、それまで発売されたさまざまなバージョンで培ってきたノウハウを活かし、1/144スケールの決定版というべきベストプロポーションを目指して制作されました。

 さらに、2015年には最新フォーマットによってアップデートされたバージョンが発売されるなど、MGに負けず劣らず進化し続けています。

「バンダイホビーサイト」より引用
advertisement

RG 1/144 RX-78-2ガンダム

 2010年から発売されている「リアルグレード(RG)」シリーズは、その名の通り“リアル”を追求したモデル。HGと同じ1/144スケールでありながら、精密なディテールや多数のギミックを備え、MGにも引けを取らないダイナミックなアクションを取ることも可能です。

 そして、RGシリーズの大きな特徴が、すでに組み立て済みのインナーフレームの存在。このインナーフレームを軸とし、装甲となるパーツを取り付けていくという工程は、同スケールのHGUCシリーズとは異なる趣きがありますね。

「バンダイホビーサイト」より引用
ガンプラ RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)"

ガンプラ RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)

3,980円(08/11 08:37時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

PG 1/60 RX-78-2 ガンダム

 1998年に発売された「パーフェクトグレード(PG)」シリーズは、1/60スケールというビッグサイズのガンプラ。大きなだけあり、可動域の広さはもちろん、関節内部機構の連動、外部装甲の脱着、各部ハッチの開閉など、さまざまなギミックも盛り込まれました。

 そして、2020年に発売されたPG UNLEASHED版は、全身90カ所以上という可動軸の設定、多数のメッキパーツや金属パーツを使用した重厚感、さらに搭載されたLEDの発光ギミックによる演出など、まさに究極のガンプラと言っても過言ではない仕上がりとなりました。

「バンダイホビーサイト」より引用
advertisement

まとめ

 ここまで、「バンダイホビーサイト」公式HPに掲載されている商品を中心に、代表的なものをピックアップして紹介してきました。

 このほかにも、旧キットを現代的なプロポーションで再現するというコンセプトの「FG 1/144」や、手間をかけずに少ないパーツを組み立てるだけで完成する「ENTRY GRADE 1/144」などのモデルのほか、クリアボディや限定カラーなど、「ファーストガンダム」のガンプラは数多く存在します。あなたの一番好きなキットにぜひご投票ください。

 もし選択項目にない「ファーストガンダム」のガンプラが好きという人は「その他」に投票のうえ、コメントにて商品名をお書きください。ほかにも、各キットの思い出や熱いメッセージなどもお待ちしています。それでは、アンケートへのご協力、よろしくお願いします!

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.