【社会人に聞いた】「2022年一番面白かったドラマ」ランキングTOP23! 第1位は「鎌倉殿の13人」【2022年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全国の社会人を対象に「2022年一番面白かったドラマは?」というテーマでアンケートを実施しました。

 全国の社会人から2022年で最も面白いドラマと高い評価を得たのは、どの作品だったのでしょうか。それでは結果を見ていきましょう!

advertisement

【社会人に聞いた】「2022年一番面白かったドラマ」ランキングTOP23

出典:Amazon.co.jp
鎌倉殿の13人 完結編 NHK大河ドラマ・ガイド"

鎌倉殿の13人 完結編 NHK大河ドラマ・ガイド

三谷 幸喜
1,089円(05/18 12:57時点)
発売日: 2022/10/07
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:相棒 season21

 第2位は得票率13.3%の「相棒 season21」。テレビ朝日系で水曜日の21時から放送されている作品です。

 主人公の刑事・杉下右京を水谷豊さんが演じ、右京とコンビを組む相棒には、寺脇康文さん演じる初代相棒・亀山薫が14年ぶりに復帰。久しぶりとは思えない、抜群のコンビネーションを見せています。

 「相棒」は、2000年に土曜ワイド劇場で単発作品として放送されたのが始まりで、2002年から連続ドラマの放送が開始。警視庁の窓際部署の「特命係」を舞台に、右京が相棒と共に難事件を次々と解決するストーリーとなっています。

 12月14日には第9話が放送され、関東地区の平均世帯視聴率は12.7%(ビデオリサーチ調べ)を記録。初回放送から2ケタをキープし続けています。

advertisement

第1位:鎌倉殿の13人

 第1位は得票率15%の「鎌倉殿の13人」でした。2022年のNHK大河ドラマで、脚本は「新選組!」「真田丸」を手掛けた三谷幸喜さんが担当しています。

 主人公はあまり知られていない北条義時でしたが、義時を演じた小栗旬さんがしっかりと人物像を描き出しています。物語を通じて人間として成長しながらも、さまざまな難しい決断を下し、葛藤する義時が見られました。

 12月18日には最終回の「報いの時」が放送され、義時の壮絶な最期が描かれました。さらにサプライズとして、次回の大河ドラマ「どうする家康」で主演を務める松本潤さんが登場。約1年の放送を通して、多くの視聴者から愛されたNHK大河ドラマです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング