「THE ALFEE」シングル曲人気ランキングTOP31! 第1位は「SWEAT & TEARS」【4月17日は高見沢俊彦さん誕生日】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 本日4月17日は、ミュージシャンとして活躍する「高見沢俊彦」さんのお誕生日です。1954年のこの日に生まれた高見沢さんは、バンド「THE ALFEE」のメンバーとして1974年にデビュー。多くの楽曲で作詞・作曲を担当して、これまでたくさんの名曲を生み出してきました。1991年には、アルバム「主義-ism:」を発売してソロデビュー。バラエティー番組に出演することも多く、気さくなキャラクターで人気を集めています。

 そんな高見沢俊彦さんのお誕生日を記念して、「『THE ALFEE』シングル曲人気ランキング」(2022年6月ねとらぼ調べ・回答数5032票)を紹介します。

 高見沢さんのギターサウンドが存分に堪能できるTHE ALFEEの曲たち。はたして、ファンから人気が高いのはどの楽曲だったのでしょうか?

advertisement

「THE ALFEE」シングル曲人気ランキング

出典:Amazon.co.jp
主義-ISM-(UHQCD)"

主義-ISM-(UHQCD)

高見沢俊彦
2,921円(05/30 02:15時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:星空のディスタンス

出典:Amazon.co.jp
星空のディスタンス"

星空のディスタンス

250円(05/30 02:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は462票を集めた「星空のディスタンス」です。1984年に発売された17枚目のシングルで、TBS系テレビドラマ「無邪気な関係」の主題歌に使用されました。

 THE ALFEEを代表する1曲として知られており、ハードなギターソロを中心とした壮大なアレンジを聞くことができます。リードボーカルを務める桜井さんのハイトーンボイスが気持ちのいい楽曲で、息の合ったコーラスも秀逸。イベントでは「星空のチーズケーキ」「星空のティラミス」といった関連商品が発売されました。

 コメントでは「リリースされて38年(※投票時)が経ちましたが、コンサートでは必ず歌ってくれるので、とてもうれしいです」「何百回聞いても飽きない、拳が上がってしまう、もう心身に染み込んでます」「これぞ神曲」などの声があがっています。

advertisement

第1位:SWEAT & TEARS

出典:Amazon.co.jp
Sweat & Tears[EPレコード 7inch]"

Sweat & Tears[EPレコード 7inch]

アルフィー
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は485票を集めた「SWEAT & TEARS」となりました。1986年に発売された23枚目のシングルです。

 1986年8月に開催された野外イベント「TOKYO BAY-AREA」のテーマソングであり、同年のツアータイトルにもなりました。高見沢さんがリードヴォーカルを務める楽曲で、THE ALFEEらしいハードなギターが特徴的。ファンの間ではバンドを象徴する楽曲として愛されています。

 コメントでは「いつ聞いても最初の一音でテンションが上がります」「前奏だけでテンションが上がる曲」といった声が寄せられました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング