【20代以下が選ぶ】「この人がいるからNHKを見たい!」と思うNHK東京放送局の女性アナウンサーランキングTOP11! 第1位は「井上あさひ」!【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、20代以下を対象に「『この人がいるからNHKを見たい!』と思うNHK東京放送局の女性アナウンサー」というテーマでアンケートを実施しました。

 なお、今回のアンケートは2023年3月末までに東京アナウンス室へ在籍していた女性アナウンサーを対象としています多くの20代以下から「この人がいるからNHKを見たい!」と支持されたのは、どのNHK東京放送局の女性アナウンサーだったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

【20代以下が選ぶ】「この人がいるからNHKを見たい!」と思うNHK東京放送局の女性アナウンサーランキング

advertisement

第2位:鈴木奈穂子

 第2位は「鈴木奈穂子」さんでした。2004年に入局し、松山・高松・岡山3局の地上デジタル放送推進大使を兼任していました。

 これまで「NHKニュースおはよう日本」や「NHKニュース7」などの番組でキャスターを務め、2021年から2023年4月現在は「あさイチ」のメインMCとして活躍しています。

 出身は神奈川県横浜市で、趣味は散歩やバトン、舞台鑑賞。口笛が得意で、バレリーナに憧れているのだとか。NHKの朝の顔として、多くの視聴者に親しまれています。

advertisement

第1位:井上あさひ

 第1位は「井上あさひ」さんでした。井上あさひさんは、岡山県玉野市出身。鳥取放送局や広島放送局で地上デジタル放送推進大使を務めた経歴があり、中国地方の地域番組にもたびたび登場していました。

 これまで「ニュースウオッチ9」のキャスターや大河ドラマ「平清盛」の「清盛紀行」のナレーション、「日曜討論」の司会などを担当し、多彩な活躍を見せています。

 趣味はお箏(こと)で、心身リフレッシュ術はよく食べ、よく眠ること。また、人の顔を覚えるのが得意な一方で、名前を覚えるのは苦手というちょっと意外な一面も。そんな井上あさひさんの明るく元気な姿は、多くの人に癒しを届けています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.