「釘宮理恵」が演じたテレビアニメキャラクター人気ランキングTOP34! 1位は「逢坂大河」【5月30日は釘宮理恵さんの誕生日】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 本日5月30日は、声優として活躍する「釘宮理恵」さんのお誕生日です。1998年に声優デビューした釘宮さんは、「銀魂」「キングダム」など人気作品に多く出演。ツンデレな少女キャラの演技に定評があり、熱心なファンの間では“釘宮病”というネットスラングが誕生しました。「第3回声優アワード」では主演女優賞を受賞し、ラジオや舞台、朗読劇などでも活躍しています。

 今回は釘宮さんのお誕生日を記念して、「釘宮理恵が演じたテレビアニメキャラクター人気ランキング」(2022年8月ねとらぼ調べ・回答数1348票)を紹介します。

 これまで、きれいな女性役から少年、人間以外のキャラクターなど演じてきた釘宮さん。はたして、ファンから人気を集めたのはどのキャラクターでしょうか。ランキングを見ていきましょう。

advertisement

「釘宮理恵」が演じたテレビアニメキャラクター人気ランキング

出典:Amazon.co.jp
kokohadoko【初回限定盤】(DVD付)"

kokohadoko【初回限定盤】(DVD付)

釘宮理恵
2,580円(04/18 10:38時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:神楽(銀魂)

 第2位は「銀魂」の神楽でした。『週刊少年ジャンプ』で連載されていた漫画を原作としたアニメで、天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人の侵略を受けた架空の「江戸」を舞台にした作品です。

 本作のヒロインである神楽は、橙色の髪にチャイナドレスといういでたちの少女。宇宙最強の戦闘種族とも言われる夜兎族の生き残りの少女で、超人的な怪力と戦闘力が武器です。ヒロインでありながらそのキャラクターは荒っぽく、鼻をほじる、食い意地が激しい一面があります。『週刊少年ジャンプ』のヒロインとして初めて嘔吐をしたことから「ゲロイン」と呼ばれることもあるほど。

 釘宮さんの愛くるしい声と、語尾に「~アル」「~ネ」をつける独特の口調で、辛辣なセリフや悪いワードを連発する姿が面白いですよね。主人公の銀さんや新八とのテンポの良いかけ合いも見事です。

advertisement

第1位:逢坂大河(とらドラ!)

君の歌"

君の歌

Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「とらドラ!」の逢坂大河でした。2006年から電撃文庫にて刊行されたライトノベルを原作とするアニメで、大河はメインヒロインです。大河と主人公の竜児は、ある手違いから互いに自分の親友のことが好きだと知ってしまいます。そこで、互いの恋を応援する共同戦線を張る……というところから物語がスタート。

 釘宮さんが演じた大河は143.6センチと小柄で、人形のような美少女です。一方でその凶暴さから「手乗りタイガー」なる異名を持っています。また、人付き合いが下手で自身の思いを伝えることが大の苦手です。

 小さな体で暴れる小動物のようなキャラクターに、釘宮さんのあどけない声の演技がぴったりとマッチしていましたよね。実は繊細で脆い内面、優しい内面も垣間みえる見事な演技でした。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング