「好きな戦国武将」ランキングTOP20! 第1位は「織田信長」【6月21日は本能寺の変が起きた日】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 本日6月21日は「本能寺の変が起きた日」です。1582年(天正10年)6月2日に、明智光秀が1万3000人もの大軍を率いて、京都・本能寺に宿泊中の織田信長を襲撃。包囲されたことを悟った信長は、寺に火を放ち、自害したといわれています。明智光秀はなぜ主君・織田信長を裏切ったのか、諸説ありますが正確な理由は明らかになっていません。

 なお、6月2日は旧暦の表記で、太陽暦では6月21日となっています。そこで今回は「本能寺の変が起きた日」にあわせて、「『好きな戦国武将』ランキング」を紹介します。

 このランキングは、「名字由来net」の運営や、戦国時代に関する各種アプリを展開する「ルーツ製作委員会」が、アプリユーザーを対象に調査して作成。多くの有名な戦国武将がいる中で、特に人気を集めたのは誰だったのでしょうか。それではランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

「好きな戦国武将」ランキング

出典:Amazon.co.jp
信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~ 2 (ヤングチャンピオン・コミックス)"

信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~ 2 (ヤングチャンピオン・コミックス)

藤堂裕, 明智憲三郎
634円(04/13 19:15時点)
発売日: 2017/10/20
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:真田幸村

画像:写真AC

 第2位は「真田幸村」でした。戦国時代きっての知将・真田昌幸の次男で、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍しました。「真田幸村」の名で広く知られていますが、信頼性のある史料で「幸村」の名が使われているものはなく、「真田信繁(さなだのぶしげ)」が正式な名前と言われています。

 「大坂夏の陣」において、豊臣方の武将として徳川家康の本陣まで攻め込んだ活躍が江戸幕府や諸大名家の各史料に記録されていて、その姿は「日本一の兵」として高く評価されています。

 また、豊臣家に忠誠を誓い、最後まで義を貫いたとして英雄視されている人物でもあります。その人気から、NHK大河ドラマなど数々の作品で主人公として描かれるなど、現在でも高い支持を得ています。

advertisement

第1位:織田信長

画像:写真AC

 第1位に輝いたのは「織田信長」でした。戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将で、豊臣秀吉、徳川家康と共に「三英傑」の一人としても知られています。

 1560年に桶狭間の戦いで今川義元を討ち取り、勢力を拡大。1575年の長篠の戦いでは火縄銃を効果的に使い、武田軍を相手に圧勝するなど快進撃を続け、天下人となりました。その後、家臣の明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害したことはあまりにも有名です。

 義弟であった武将・浅井長政の頭蓋骨で酒を飲んだなど、非情なエピソードも多いですが、現在では作り話だったとされているなど、時代によって評価も変わってきています。2023年には映画「THE LEGEND&BUTTERFLY」で主人公として描かれるなど、そのカリスマ性や多大な魅力から、現在も多くの人気を集めています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング