メディア

【ミスチル】「Mr. Children」のシングル曲(90年代リリース)であなたが好きなのは?【2023年版・人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 これまで数々の名曲を生み出してきたバンド「Mr. Children」。「ミスチル」の愛称で親しまれ、2022年にはデビュー30周年となりました。今や世代を超えて愛される大物バンドであり、特にデビューした1990年代には精力的にシングル曲を発表し、ヒットを連発しました。

 そこで今回ねとらぼ調査隊では「『Mr. Children』のシングル曲(90年代リリース)で好きなのは?」というアンケートを実施します! あなたの好きなシングル曲を教えてください。それでは、Mr. Childrenが1990年代にリリースしたシングル曲の中から3曲を紹介します。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

君がいた夏

出典:Amazon.co.jp
君がいた夏"

君がいた夏

250円(02/21 19:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

 「君がいた夏」は1992年にリリースされた1stシングル。メジャーデビューアルバムとなった「EVERYTHING」の3曲目にも収録されています。夏の終わりとともに離れる二人を描いた歌詞で、ノスタルジックな曲調がせつなさを誘います。B面に収録された、軽快なテンポの「グッバイ・マイ・グルーミーデイズ」とは対照的な一曲です。

advertisement

Tomorrow never knows

出典:Amazon.co.jp
Tomorrow never knows"

Tomorrow never knows

250円(02/21 19:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

 1994年にリリースされた6枚目のシングル曲。ドラマ「若者のすべて」の主題歌であり、この曲を聞くとドラマのシーンを思い浮かべるという人も多いのではないでしょうか。歌詞には、明日のことは誰にもわからないというテーマに沿って、過去や未来に対する思いが描写されています。どこか哲学的な内容のため、現在でも歌詞の意味を考察・解釈するファンが多い名曲です。

advertisement

終わりなき旅

出典:Amazon.co.jp
終わりなき旅"

終わりなき旅

250円(02/21 19:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

 1998年にリリースされた「終わりなき旅」は、ミリオンセラーとなった名曲。フジテレビ系列のドラマ「殴る女」の主題歌となりました。自分の道を追い求めひたむきに走り続けるドラマのストーリーと、曲の歌詞がマッチしています。歌詞は、日々を一生懸命に生きる人々の背中を押すような内容です。卒業ソングとしても親しまれ、新たな一歩を踏み出す人を勇気づけています。

advertisement

あなたが好きな・おすすめな「Mr. Childrenのシングル曲(90年代リリース)」は?

 投票対象は、1990年代にMr. Childrenがリリースした計17曲のシングル曲です。1990年代に起こった出来事とともに、Mr. Childrenの曲を思い浮かべる人も多いことでしょう。コメント欄には、好きな理由や思い出などもぜひ記入してくださいね。熱いご投票、お待ちしています!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング