【太陽にほえろ!】「七曲署」の刑事であなたが好きなのは誰?【2023年版人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 1972年から約15年にもわたって放送された、日本の刑事ドラマの代表格である「太陽にほえろ!」。登場人物一人ひとりの設定が細かく、刑事同士の人間模様にも焦点を当てるなど、従来の刑事ドラマとは一味違う“青春アクションドラマ”としてのスタイルを確立しました。

 そこで今回は、「『太陽にほえろ!』の七曲署で好きな刑事は?」というアンケートを実施します! 正義感と人間味あふれる七曲署の刑事たちの中で、あなたが特に好きな刑事を教えてください。それではまず、七曲署に所属する3人の刑事をピックアップして紹介します。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

藤堂俊介【ボス】(演:石原裕次郎)

ノベライズ 太陽にほえろ! (ちくま文庫)"

ノベライズ 太陽にほえろ! (ちくま文庫)

岡田 晋吉
990円(05/30 11:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

 七曲署の捜査第一係係長。通称“ボス”。本庁で総指揮をとれるほどの実力を持ちながら、現場第一主義を信条とするために出世コースから外され、所轄の一係長に甘んじていますが、部下からはとても慕われています。身体能力も高く、自ら前線に出ていくことも珍しくありません。

 優れた能力と部下を思いやる包容力を合わせ持った、まさに理想的な上司。なお、勘違いされることも多いですが、「ブラインドの隙間から外を覗き見る」という印象的なシーンは、“ボス”こと藤堂係長ではなく、ドラマ「西部警察」で石原裕次郎さんが演じた木暮課長によるものです。

advertisement

早見淳【マカロニ】(演:萩原健一)

太陽にほえろ! マカロニ刑事編II DVD-BOX"

太陽にほえろ! マカロニ刑事編II DVD-BOX

萩原健一
29,580円(05/30 11:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

  本富士署から転属してきた刑事。長髪にノーネクタイ、カウボーイハット、そしてパンタロンスーツという、およそ刑事とは思えないファッションを「マカロニ・ウェスタン風」と指摘され、“マカロニ”の愛称で呼ばれるようになりました。ファッション同様に型破りな人物で、たびたび暴走しては先輩刑事たちの頭を悩ませます。

 番組が始まった当初は、早見淳を主人公とした成長物語を予定していましたが、演じる萩原健一さんの都合により降板が決まったため、劇中での死をもって退場となりました。以降、若手刑事の着任とその成長を描き、殉職とともに番組を卒業するという流れが「太陽にほえろ!」のスタイルとして定着します。

advertisement

柴田純【ジーパン】(演:松田優作)

太陽にほえろ!ジーパン刑事編II DVD-BOX"

太陽にほえろ!ジーパン刑事編II DVD-BOX

松田優作
37,352円(05/30 11:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

 殉職した早見淳の後任として配属された刑事。通称“ジーパン”。空手の有段者で、捜査においても空手を武器に、刑事としては一風変わった上下ジーンズというスタイルで暴れまわります。ぶっきらぼうな面が目立つものの正義感は強く、同僚のことを思いやる優しい一面もある青年です。

 ジーパン刑事を語るうえで欠かせないのは、何と言っても彼の殉職シーンでしょう。演じる松田優作さんの気迫のこもった演技により、日本のドラマ史に残る屈指の名シーンとなりました。なお、この時のセリフ「何じゃ、こりゃあ!」は脚本にない松田さんのアドリブだったそうです。

advertisement

「七曲署」の刑事で好きなのは?

 ここまで「太陽にほえろ!」に登場した七曲署所属の刑事の中から3人をピックアップして紹介しました。投票対象には、七曲署の正式な所属ではないものの、“ボス”の病気療養中に臨時で指揮を執った橘警部を含む、24人の刑事を設定しています。もしほかの刑事や七曲署職員に投票したいという人は、「その他」を選択のうえ、コメント欄に登場人物名をお書きください。

 また、それぞれの刑事の魅力や好きなポイント、放送当時の思い出などもぜひコメント欄にお寄せください。みなさんの投票をお待ちしています!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング