メディア

「メインで利用している証券会社」ランキングTOP16! 第1位は「楽天証券」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ZUUが運営する金融情報メディア「NET MONEY」は、証券口座の利用実態についてアンケート調査を実施し、その結果を発表しました。調査は証券会社の口座を保有している20~69歳の男女506人を対象に、インターネットリサーチにて行われています。

 本記事では、調査結果から「メインで利用している証券会社」に関するランキングを紹介します。それではランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年6月
調査対象証券会社の口座を保有している人
有効回答数506人(男性:254人、女性:252人)

(出典元:ZUU「証券口座の利用実態調査」

advertisement

第2位:SBI証券

 第2位は、得票率23.1%の「SBI証券」でした。SBIグループの大手インターネット証券会社で、1日定額制のアクティブプランと経験者向けのスタンダートプランが用意されています。アクティブプランであれば1日の約定代金の合計が100万円まで手数料無料。取引や投資信託保有額に応じて「Tポイント」「Vポイント」「Pontaポイント」「dポイント」「JALのマイル」が貯まり、一部のポイントを使って投資をすることもできます。

 少額からNISAやiDeCoが始められる点や、クレジットカードで投信積立が決済できる点も魅力。銘柄の動きをリアルタイムで確認できる「SBI証券 株 アプリ」や、投資信託の保有状況や積立設定ができる「かんたん積立 アプリ」など、スマホアプリで手軽にサービスを利用することもできます。

advertisement

第1位:楽天証券

 第1位は、得票率38.7%の「楽天証券」でした。楽天グループの大手インターネット証券会社で、サポートが充実しているため投資未経験者でも利用しやすく、説明も分かりやすいため幅広い年齢層から支持を集めています。

 取引で楽天ポイントが貯まり、ポイント投資による可能。また、ポイント投資を行うと楽天市場での買い物でもらえる楽天ポイントが増えるなどのサービスも受けられます。

 PC用トレーディングツール「マーケットスピード」や、スマートフォン用トレーディングツール「iSPEED」など、無料で利用できる取引ツールも充実。商品も多彩なラインアップがそろっていて、キャンペーンなども多いため、楽天ポイントをよく使う人はさらにお得に利用できます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「経済」のアクセスランキング