メディア

【首都圏】「治安がいい街」ランキングTOP11! 1位は「川崎市麻生区」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 LIFULL(ライフル)が運営する不動産・住宅情報サービス「LIFULL HOME’S」では、「治安がいい街」ランキングを発表しました。データは、人口5万人以上の市区を対象とし、警視庁、神奈川県警察、千葉県警察、埼玉県警察の令和4年刑法犯認知件数(確定値)より、さまざまな犯罪の件数(刑法犯認知件数)を人口で割った犯罪発生率を比較・算出したものです。

 人口に対する犯罪発生率が低かった地域はどこだったのでしょうか。さっそく結果を見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2022年1月1日~12月31日
調査対象人口5万人以上の自治体

(出典元:LIFULL HOME’S「「プロ野球選手を多く輩出している街」1位は 甲子園常連校がある「横浜市金沢区」と「大阪府大東市」子育て世代が気になる街を独自調査!」

advertisement

第2位:川崎市宮前区(神奈川県)

 第2位は、「川崎市宮前区(神奈川県)」でした。

 川崎市宮前区は、1982年に高津区から分区して生まれた自治体で、2023年7月時点で人口23万5082人。多摩丘陵の東端という立地から区内には坂が多く、名前の付いた坂が38カ所あるそうです。区内には平瀬川・矢上川・有馬川と3つの川が流れているほか、「水沢の森」などの緑地や公園も多く、落ち着いた雰囲気の街です。

advertisement

第1位:川崎市麻生区(神奈川県)

 第1位は、「川崎市麻生区」でした。

 1982年に多摩区から分区した川崎市麻生区は、市の北西部に位置する自治体。区内には大型ショッピングセンターや文化関連の施設、公園・緑地など多様な施設があり、住みやすい街づくりにこだわっています。また、主要駅でもある小田急線「新百合ヶ丘駅」は新宿まで乗り換えなしで約20分という利便性のよさも兼ね備えています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング