メディア

【ハウス食品】人気No.1を決めよう! あなたが好きなカレールウは? 【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 家庭料理の中でも人気が高いメニューといえば、カレー。作る人によってこだわるポイントが異なりますが、使うルウも家庭によってさまざまです。なかでもハウス食品のカレールウはそれぞれに特徴をもっており、一度は使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

 そこで今回ねとらぼ調査隊では、「ハウス食品のカレールウ、どれが好き?」というテーマでアンケートを実施。まずは、発売順に5つのカレールウを紹介します。

「ハウス食品のカレールウ、どれが好き?」(画像は写真ACより引用)
画像は「写真AC」より引用

印度カレー

 パッケージのレトロなフォントが特徴的な「印度カレー」。ハウス食品初めての固形ルウで、1960年に発売されました。

 厳選されたスパイスとチキンのうまみ、更に香り高く仕上げる「香りのミックススパイス」が添付され、昔ながらの味わいに懐かしさを覚える方も多いようです。中辛・辛口の2種類があります。

advertisement

バーモントカレー

 アメリカ北東部のバーモント州に伝わるリンゴとハチミツによる健康法を応用した「バーモントカレー」。辛いカレーが主流だった中、大人も子供も1つの鍋から一緒においしく食べられるようにと、1963年に発売されました。

 国産りんごを100%使用したペーストとはちみつ、乳製品で仕上げた甘くまろやかな味わいが大ヒット。発売から50年以上経った現在も変わらない人気を誇ります。

 甘口・中辛・辛口のほかに、7種類の特定原材料である小麦・乳・卵・落花生(ピーナッツ)・そば・えび・かに不使用のタイプもあります。

advertisement

ジャワカレー

 「ジャワカレー」の発売は1968年。南の島をイメージした、スパイシーな味わいが特徴です。

 カレーらしい辛さと、ローストオニオンとガーリックによる深いコクが味わえる、まさに「大人のカレー」。甘口・中辛・辛口のほかに、辛みが引き立つスパイシーブレンドや、キーマカレー専用のルウも発売されています。

advertisement

ザ・カリー

 1983年に発売された「ザ・カリー」は、特製ルウと別添のブイヨンペーストによる深いコクと香りが特徴。

 赤ワインや香味野菜、フルーツが使用されたブイヨンペーストと特製ルウによって、家庭でも手軽に本格的な欧風カレーが味わえると人気のルウです。甘口・中辛・辛口の3種類があります。

ザ・カリー(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
画像は「Amazon.co.jp」から引用
advertisement

こくまろカレー

 「カレーは2種類のルウを混ぜて作るとおいしい」という、消費者の作り方にヒントを得て、1996年に発売された「こくまろカレー」。

 あめ色になるまで炒めた玉ねぎがベースのルウと、生クリームのまろやかさが特徴のルウを2層に重ね、深いコクとうまみを実現しています。甘口・中辛・辛口のほかに、まろやかなバターとトマトの酸味が際立つ「こくまろバターチキンカレー」も発売されています。

advertisement

その他

 ハウス食品のカレールウから、現在発売中の商品を発売年順に5つ紹介しました。投票対象は計19種類のカレールウ。その中からあなたのおすすめを1つ選んでください。投票理由や、こだわりのカレーレシピやトッピングなどのコメントもお待ちしております。それでは投票、よろしくお願いします!

ハウス食品のカレーであなたが好きなのは?
合計:333票
実施期間:2021/05/05〜2021/05/18
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.