メディア

ゆで汁をそのままシンクに流すのはNG! シンクを長持ちさせるポイント

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 カップ麺の汁をシンクに捨てた後、水を流すだけで掃除を終わらせていたり、パスタなどのゆで汁をそのままシンクに流したりすると、シンクを傷めてしまう恐れがあります。使えなくなったシンクの交換には、数十万円もの費用がかかる可能性もあるので、できるだけ長持ちさせたいものですね。

 今回はシンクを長く使う上で気をつけるべきポイントをお伝えします。

ハウスクリーニングやエアコンクリーニング、家事代行、不用品回収まで、暮らしにまつわる様々な「こまった」をくらしのマーケットマガジンがひとつひとつ丁寧に解決します。

advertisement

カップ麺の汁を捨てた後、シンクに水を流すだけでは不十分

 カップ麺の汁をシンクに捨てた後、水で流すだけでは不十分です。汁に含まれる塩分が残ってしまい、シンクが錆びてしまう恐れがあります。

 シンクにカップ麺の汁を流した後は、食器用洗剤などをかけて、汚れをしっかり落としておきましょう。

advertisement

パスタなどをゆでた熱湯を、すぐシンクに流すのはNG

 パスタなどをゆでた時、熱いゆで汁をすぐシンクに捨てないようにしましょう。シンクからつながっている排水管は、62〜72℃くらいの熱に耐える程度の耐熱性しかありません。そのため熱湯をシンクに流すと、排水管を傷めてしまう恐れがあります。

 ゆで汁を捨てる時は、必ず冷ましてからシンクに流しましょう。

advertisement

研磨材を多く含むクレンザーは使わない

 研磨材の割合が高いクレンザーでシンクをこすると、傷つけてしまう恐れがあります。シンクは傷がつくとカビやすくもなるので、注意しましょう。研磨材20%程度なら傷がつきにくいので、これを目安にクレンザーを選んでください。

advertisement

排水管の普段の掃除は、お湯を流すだけでOK

 排水管の掃除は、45℃程度のお湯をシンクに半分ほどためてから、一気に抜くだけでOKです。これで排水管に付着しがちな油汚れを落とせます。45℃程度なら排水管を傷める心配もありません。

 修理や交換となると、意外と高額な費用がかかる恐れもあるシンク。傷めない使い方をしっかり覚えておきましょう!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.