メディア

【水戸黄門】好きな格さん役ランキングTOP7! 第1位は「伊吹吾郎さん」に決定!【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年3月20日から2021年4月2日までの間、ねとらぼ調査隊では「あなたが好きな『TBSナショナル劇場 水戸黄門』の格さん役は?」というアンケートを実施していました。

 色男で軟派な助さんに比べ、真面目で実直な性格が魅力の格さん。大立ち回りを演じた後に、「この紋所が目に入らぬか!」と印籠を取り出すことでもおなじみですよね。今回のアンケートでは計2941票の投票をいただきました。たくさんの投票、ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

advertisement

第7位:荒井敦史

 第7位は、BS-TBS版で7代目格さんを演じた、荒井敦史さんでした。

 男性若手俳優で構成されている「D-BOYS」に所属しており、グループでの舞台公演のほか映画やドラマでも活躍しています。当時24歳で格さん役に抜擢されており、「これまでの格さんたちを真似するのではなく、等身大の24歳のままで演じる」ことを意識しているとインタビューで語っていました。

7位:7代目格さん・荒井敦史さん(画像は「BS-TBS 水戸黄門」公式サイトより引用)
画像は「BS-TBS 水戸黄門」公式サイトより引用
advertisement

第6位:的場浩司

 第6位は、6代目格さんの的場浩司さんでした。

 2010年の第42部から2011年の最終回スペシャルまで登板。相棒の助さん役を務めたのは、東幹久さんでした。かつて助さん、格さんどちらも演じたことのある水戸黄門役の里見浩太朗さんいわく、新たな2人には「躍動的な大人の血のにおいを感じる」という印象を持っていたようです。

6位:6代目格さん・的場浩司さん(画像は「TBSチャンネル」より引用)
画像は「TBSチャンネル」より引用
advertisement

第5位:山田純大

 第5位は4代目格さんを演じた、山田純大さんでした。

 2001年から2003年まで格さんを演じている山田さんは、初代助さんの杉良太郎さんを父に持つことでも知られています。水戸黄門への出演以降も、大河ドラマや時代劇に数多く出演しています。コメント欄では、「出演期間が短かったのが残念」という声も見られました。

5位:4代目格さん・山田純大さん(画像は「TBSチャンネル」より引用)
画像は「TBSチャンネル」より引用
advertisement

第4位:大和田伸也

 第4位は、2代目格さんを演じた、大和田伸也さんでした。

 大和田さんが格さん役を務めたのは、1978年から1983年までの約5年間。歴代の助さん、格さん役がゲストとして登場した「水戸黄門 最終回スペシャル」にも出演しており、インタビューでは「こういう代表作があるってうれしいこと。いまだに人から『印籠出して』『主題歌歌って』なんて言われます」と語っていました。

 コメント欄では、「大和田さんの格さんは別格で良かった」「個人的には里見助さん大和田格さん東野黄門の時代が、それぞれの個性が自然に噛み合っていたように感じる」といったコメントが寄せられていました。

4位:2代目格さん・大和田伸也さん(画像は「TBSチャンネル」より引用)
画像は「TBSチャンネル」より引用
advertisement

第3位:合田雅吏

 第3位は5代目格さんを演じた、合田雅吏さんでした。得票数は269票(全体の9.1%)。

 合田さんが格さんを演じたのは、2003年から2010年まで。また2015年に放送された「水戸黄門スペシャル」では、原田龍二さんと共に再登板しています。合田さんの格さんはスマートな雰囲気が印象的。堅物ではあるものの「少し物腰の柔らかい格さん」というイメージで、爽やかな印象の現代的な格さんを作り上げました。

 コメント欄では、「実直で不器用そうなとこがなんかかわいい」「ちょっと揉め事で一晩牢で反省させられた時、日誌に反省文まじめに書いてるの凄く笑った」「プリプリと怒って助さんにお説教する姿、そして日誌を書くのが日課という歴代にないオリジナル格さんをマンネリ打破で作り上げた合田さんに1票」と、これまでとは違う格さん像を評価する声が多く寄せられていました。また、「原田合田コンビは今でも大好きです」といった意見も。

3位:5代目格さん・合田雅吏さん(画像は「TBSチャンネル」より引用)
画像は「TBS 水戸黄門スペシャル」より引用
advertisement

第2位:横内正

 第2位は、初代格さんを演じた横内正さん。得票数は779票(全体の26.5%)でした。

 1969年の放送開始から1978年まで格さんを演じた横内さんは、低く響く声が特徴的。その渋みのある演技によって「格さん=生真面目」というイメージを定着させました。2011年に放送された「水戸黄門 最終回スペシャル」では、的場さん演じる格さんの義理の父親、という役どころで出演しています。

 寄せられたコメントでは、「知性と品格が備わっていてピッタリ」「真面目で賢い役柄最高です」といった声があがっていました。また、「普段は凛々しいのに、笑うと眉毛が下がるのがかわいい」「笑顔と少しひょうきんさもあって、里見助さんの少しクールなキャラクターとの絶妙なバランスがよかった」と、横内さん演じる格さんの笑顔が素敵だった、というコメントもありました。

2位:初代格さん・横内正さん(画像は「TBSチャンネル」より引用)
画像は「TBSチャンネル」より引用
advertisement

第1位:伊吹吾郎

 そして第1位は、3代目格さんを演じた伊吹吾郎さん! 得票数は1646票と全体の56%の票を獲得し、圧倒的な1位となりました。

 伊吹さんは1983年から2000年まで、約17年という長きにわたって格さん役を務めあげており、歴代で最も長く格さんを演じました。そのため、劇中で印籠を出した回数はおよそ500回。印籠の持ち方や出し方にはこだわりがあるそうで、ぐらつかないように印籠の後ろ側を薬指で軽く抑えるのがポイントだそうです。

 コメント欄でも、「いつも真面目でクールなところと、独特な声がすきです」「最高のはまり役だと思います」といったように、伊吹吾郎さん演じる格さんを推す声が大多数。「今でも、伊吹さんではなく格さんと呼んでしまう」「『この紋所が目に入らぬかぁ!』は伊吹格さんで必ず脳内再生されてしまう」という人もいるほど、「伊吹さん=格さん」というイメージは定着しているようです。

 さらに、「あおい輝彦さん演ずる助さんとのコンビはまさに最強!」「真面目で堅そうな格さんと、かっこいいけどおちゃめな助さんの対比が良かった」と、あおい輝彦さんとのコンビを推す声も見られました。

 また、コメントにはそれぞれの好きな格さんへのコメントと共に、「『水戸黄門』は家族で必ず見てました」「共演者は全員大好き」「子どもの頃からずっと見ていました。今はBSの再放送を録画して毎日見ています」などといった声も。いまなお「水戸黄門」は多くの人に愛されていることがうかがえますね。投票ありがとうございました!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング