【野球が好きの女性が選ぶ】野手として日本一だと思う「プロ野球選手」ランキングTOP17! 第1位は「イチロー」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全国の野球好きの女性を対象に「野手として日本一だと思うプロ野球選手」というテーマでアンケートを実施しました。

 2023年はWBC日本優勝に始まり、野球界は大変盛り上がりました。そんな中で「野手として日本一だと思う」と支持を集めたのは、どのプロ野球選手だったのでしょうか。それでは、ランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年9月7日
調査対象全国の野球好きの女性
有効回答数121票
advertisement

【野球が好きの女性が選ぶ】野手として日本一だと思う「プロ野球選手」ランキングTOP17

画像:PIXTA
advertisement

第5位:柳田悠岐

出典:Amazon.co.jp
柳田悠岐 (新スポーツスーパースター伝2)"

柳田悠岐 (新スポーツスーパースター伝2)

ベースボール・マガジン社
1,980円(06/13 20:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第5位にランクインしたのは、柳田悠岐さんでした。2010年のドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスから2位指名を受けて入団。ファンの間では、「ギータ」の愛称で親しまれています。

 2015年のシーズンでは、トリプルスリー(打率3割・30本塁打・30盗塁以上)を記録。同年にトリプルスリーを記録した山田哲人選手と共に流行語大賞に選ばれ、話題になりました。

advertisement

第4位:坂本勇人

 第4位にランクインしたのは、坂本勇人さんでした。2006年の高校生ドラフト1位指名を受け、読売ジャイアンツに入団。入団2年目には遊撃手として開幕スタメンを獲得し、全試合でスタメンとして出場しました。

 2020年には、史上53人目の2000本安打を達成。31歳11カ月での達成は、右打者の最年少記録として話題になりました。なお、少年野球時代には楽天ゴールデンイーグルスの田中将大選手とバッテリーを組んでいたそうです。

advertisement

第3位:村上宗隆

出典:Amazon.co.jp

 第3位にランクインしたのは、村上宗隆さんでした。2017年のドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから1位指名を受け入団。入団1年目の2018年シーズンでは、初打席初本塁打を記録し、強打者としての一端を見せつけました。

 2022年には史上最年少記録となる22歳で三冠王を獲得。王貞治さんの55本塁打を超える56本塁打を放ち、日本人選手の最多記録を樹立しました。

advertisement

第2位:大谷翔平

出典:Amazon.co.jp

 第2位にランクインしたのは、大谷翔平さんでした。2012年のドラフト会議で、日本ハムファイターズから1位指名を受け入団。投手・野手の二刀流選手として活躍し、2018年よりMLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属しています。

 2021年にはMLBのMVPを獲得。2023年のWBCでも投手・打者として活躍し、決勝戦では最終回のマウンドではロサンゼルス・エンゼルスの同僚マイク・トラウト選手から三振を奪い、優勝を決めました。

advertisement

第1位:イチロー

出典:Amazon.co.jp

 第1位に輝いたのは、イチローさんでした。1991年のドラフト会議でオリックス・ブルーウェーブから4位指名で入団。1992年から2000年までオリックス・ブルーウェーブに所属した後、2001年からMLBのシアトル・マリナーズに移籍し、2019年に引退しました。

 2004年のMLBシーズン最多安打記録をはじめ、2019年の引退までに数々の記録を樹立。引退後は草野球チームを設立し野球を楽しむほか、学生野球指導を行い、野球振興に努めています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング