メディア

【地元の社会人が選んだ】一番ネームバリューが強いと思う「山口県の公立高校」ランキングTOP12! 第1位は「山口高校」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイトの「ボイスノート」協力のもと、地元の社会人を対象に「一番ネームバリューが強いと思う山口県の公立高校」というテーマでアンケートを実施しました。

 「一番ネームバリューが強いと思う」と山口県在住の社会人に支持されているのは、山口県のどの公立高校なのでしょうか。それではランキングを見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年9月1日
調査対象山口県に居住する社会人の男女
有効回答数100票
advertisement

一番ネームバリューが強いと思う「山口県の公立高校」ランキングTOP12!

画像:PIXTA
advertisement

第2位:下関西高校

 第2位は、得票率19.0%の「下関西高校」でした。下関市後田町に位置し、幡生駅から徒歩約15分でアクセス可能です。1920年創立の「下関市立下関中学校」を前身としています。

 普通科のほか探究科を併設し、探究科では課題研究を重視したカリキュラムを展開。また、両学科とも数学と英語で少人数授業を実施するほか、教科横断的学習やアクティブラーニングを導入。さらに、進路指導としては、「キャリアセミナー」や「東大見学会」、卒業生による「大学セミナー」、他県の進学校との「合同学習会」など、さまざまな取り組みが行われています。

advertisement

第1位:山口高校

 第1位は、得票率43.0%の「山口高校」でした。山口市糸米に所在し、山口駅から徒歩約20分でアクセスできます。1870年創立の「山口中学」を源流とする歴史の長い高校です。

 同校では、普通科のほか理数科を設置。理数科では、地元企業や山口大学のサポートのもと探究活動として行う「理数探求基礎」のほか、企業見学や大学での講義・実習からなる「先端科学セミナー」など、さまざまな取り組みを行っています。また、講演会や研修会などで用いる「サイエンスホール」や、探究活動で利用する「課題研究室」、望遠鏡のある屋上の「天文ドーム」など、充実した施設も特徴です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「高校」のアクセスランキング