メディア

【男性が選ぶ】日本一だと思う「男性ロックギタリスト」ランキングTOP15! 第1位は「布袋寅泰」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の男性を対象に「日本一だと思う男性ロックギタリスト」というテーマでアンケートを実施しました。

 多くの男性から「日本一」と支持された男性ロックギタリストは、誰だったのでしょうか。それではランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年8月17日
調査対象全国の男性
有効回答数330票
advertisement

【男性が選ぶ】日本一だと思う「男性ロックギタリスト」ランキングTOP15

出典:Amazon.co.jp
advertisement

第2位:Char

 第2位にランクインしたのは、Charさんです。8歳でギターを始め、10代からバックギタリストとしてキャリアをスタート。早くから注目を浴び、1976年にはシングル「NAVY BLUE」でソロデビューを果たしました。

 これまで「気絶するほど悩ましい」「逆光線」「Smoky」などの名曲を生み出してきたギタリストで、卓越したギタープレイが持ち味。2022年には「第73回NHK紅白歌合戦」に出場し、華麗なギターの演奏を披露しました。現在も第一線で活躍し続けており、2023年7月31日には最新アルバム「SOLILOQUY」をリリース。作曲・楽器演奏・トラックメイク・アレンジ・プロデュース全てCharさん自身が手掛け、注目を集めました。

advertisement

第1位:布袋寅泰

 第1位は布袋寅泰さんでした。1980年代にロックバンド・BOØWYのギタリストとして注目され、バンド解散後の1988年にアルバム「GUITARHYTHM」でソロデビュー。革新的なサウンドを生み出し、ギタリスト・ソロミュージシャンとしても人気を集めました。

 プロデューサー・作詞家・作曲家としても活躍しており、これまで多くのヒット曲をリリース。2003年に公開された映画「KILL BILL」では、「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY(新・仁義なき戦いのテーマ)」がテーマ曲として使用されました。2023年9月13日には最新アルバム「GUITARHYTHM VII」をリリース。さらに進化したサウンドを披露しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング