メディア

【関東の社会人が選ぶ】遊びに行きたい「東京・多摩地域の市町村」ランキングTOP16! 1位は「奥多摩町」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、関東在住の社会人を対象に「遊びに行きたい東京・多摩地域の市町村」というテーマでアンケートを実施しました。

 東京都の西部に位置する多摩地域には、自然豊かな観光スポットや若者でにぎわう街などがあり、活気にあふれています。関東地方に住むの社会人から「遊びに行きたい」と思われているのは、どの市町村だったのでしょうか。それでは、結果を見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年5月18日
調査対象関東地方在住の社会人
有効回答数144票
advertisement

【関東の社会人が選ぶ】遊びに行きたい「東京・多摩地域の市町村」ランキングTOP16

画像:PIXTA
advertisement

第5位:武蔵野市

画像:写真AC

 第5位は「武蔵野市」でした。得票率は6.3%です。

 武蔵野市の人気スポットといえば、「井の頭自然文化園」や「吉祥寺ダイヤ街」などが挙げられます。井の頭自然文化園は、武蔵野市と三鷹市の境にある都立動物園。ニホンカモシカやペンギン、ミーアキャットなど人気の動物を間近で見ることができます。

 吉祥寺ダイヤ街は、JR中央線の吉祥寺駅北口に位置する商店街。飲食や雑貨をはじめとしたさまざまな施設が立ち並んでおり、お買い物で利用したり、友人・知人と集まって遊んだりと多目的に使えるスポットです。

advertisement

第4位:府中市

画像:写真AC

 第4位は「府中市」でした。得票率は6.9%です。

 府中市の人気スポットといえば「武蔵野の森公園」。府中市・三鷹市・調布市にまたがって位置している都立公園です。調布飛行場に隣接しており、離着陸する飛行機を眺められるほか、展望台やキッズルーム「のびのび親子館」など、園内の施設が充実。広大な敷地が広がっているため、運動目当てでピクニックを楽しむのにもピッタリといえるでしょう。

advertisement

第3位:八王子市

画像:写真AC

 第3位は「八王子市」でした。得票率は9.0%です。

 八王子市の人気スポットといえば、欠かせないのが「高尾山」です。登山コースが複数あり、いずれも難易度は低め。また、都心から電車で1時間ほどの位置にあるのも、人気を集めている要因かもしれませんね。高尾山にはケーブルカーがあるため、気軽に山腹へ移動できるほか、関東三大本山の一つ「高尾山薬王院」などの観光スポットが点在しているのも魅力です。

advertisement

第2位:檜原村

画像:写真AC

 第2位は「檜原村」でした。得票率は9.7%です。檜原村は西多摩郡に位置する市町村。森林が織りなす広大な自然が魅力で、アウトドア・レジャー目的の観光客から人気を集めているエリアです。

 檜原村の主な観光スポットとして、「東京都檜原都民の森」が挙げられます。動植物の映像や写真などが展示されている森林館を見学したり、木材工芸センターや炭焼き体験教室でキーホルダー製作や炭焼きをしたりと、さまざまな体験ができるスポットです。

advertisement

第1位:奥多摩町

画像:写真AC

 第1位は「奥多摩町」でした。得票率は27.1%です。奥多摩町にはアウトドア・レジャーを楽しめたり、広大な自然を身近に感じたりできる観光スポットが点在しています。

 東京都民が使う水のおよそ2割を供給する人造湖「奥多摩湖」をはじめ、関東地方でも有数の規模を誇る「日原鍾乳洞」やアスレチック遊具が充実している「アメリカキャンプ村」など、見て遊んで楽しめる施設が多く点在しているのも特徴です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング