メディア

【関東在住者が選んだ】「もし赤ちゃん(男の子)が生まれたら名前に使いたい漢字」ランキングTOP23! 第1位は「翔」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイトの「ボイスノート」協力のもと、関東在住者を対象に「もし赤ちゃん(男の子)が生まれたら名前に使いたい漢字」というテーマでアンケートを実施しました。

 「男の子の赤ちゃんが生まれたら使いたい」と関東地方に住む人々から支持されたのはどの漢字だったのでしょうか。それでは早速ランキングを見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年7月27日
調査対象関東地方に居住する男女
有効回答数383票
advertisement

「もし赤ちゃん(男の子)が生まれたら名前に使いたい漢字」ランキング!

画像:PIXTA
advertisement

第4位:輝

 第4位は、得票率2.9%の「輝」でした。音読みは「キ」、訓読みで「かがや(く)」「て(る)」などと読みます。生き生きとしている明るい様子が思い浮かびますよね。

 「輝」の一文字で「ひかる」「あきら」といった読み方ができるほか、「勇輝(ゆうき)」「大輝(だいき・たいき)」と「き」を使った名前でも使われます。また、「輝明(てるあき)」「輝斗(あきと)」など読み方のバリエーションも豊富です。

advertisement

第4位:一

 同じく第4位は、「一」でした。音読みは「イチ」「イツ」、訓読みは「ひと」「ひと(つ)」「はじ(め)」です。物事のはじめ、一番上であることなどの意味を持ちます。

 「一(はじめ)」や「一(おさむ)」などのように1文字で名前として使えるほか、「かず」「いち」「ひと」「いつ」とさまざまな読みが可能。「一翔(かずと)」「太一(たいち)」「一希(いつき、かずき)」など他の漢字と組み合わせた名前も人気のようです。

advertisement

第3位:健

 第3位は、得票率3.4%の「健」でした。音読みが「ケン」、訓読みで「すこ(やか)」や「たけ(し)」などと読みます。体が丈夫、力が強いなどといった意味を持つ漢字です。

 さまざまな読み方ができ、1文字だと「たける」や「けん」、2文字だと「健人(けんと)」や「健太(けんた)」などの名前が人気。「健」の字を使うことで、健康かつ元気に成長してほしいという願いを込めることができそうですよね。

advertisement

第2位:優

 第2位は、得票率5%の「優」でした。音読みで「ユウ」「ウ」、訓読みで「やさ(しい)」「すぐ(れる)」「まさ(る)」などの読み方ができます。優しい、優れているなどの意味を持つ漢字です。

 一文字で「優(ゆう)」と読む名前のほか、「優斗(ゆうと)」「優真(ゆうま)」「光優(あきひろ)」などいろいろな漢字と組み合わせることができます。優しい子になってほしい、優れた能力を持った子になってほしい、などの願いが込められているようです。

advertisement

第1位:翔

 第1位は、得票率12.5%の「翔」でした。音読みで「ショウ」、訓読みで「かけ(る)」「と(ぶ)」などと読みます。「空高くとぶ」や「翼で飛び回る」という意味を持つ漢字です。

 1文字で「しょう」や「かける」といった名前はもちろん、2文字でも「翔太(しょうた)」「翔平(しょうへい)」など、名前に使われることの多い漢字。空を飛ぶように伸び伸びと育ってほしい、将来の飛躍を期待したい、といった願いを込める人が多いのかもしれませんね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング