メディア

【阪神本線】「駅別乗降人員」ランキングTOP33! 第1位は「大阪梅田」【2022年11月最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 阪神電鉄では、ウェブサイトに「ハンドブック阪神」を掲載し、その中で駅別乗降人員について公開しています。これは、阪神電鉄の各駅について、1日平均の乗降人員を調べ、路線別・駅別に表したものです。

 今回はそのデータをもとに、阪神本線の「駅別乗降人員ランキング」を紹介します。なお、ランキングに使用したデータは2022年11月の1日平均のものであり、通過人員は除外しています。

 大都市・大阪と神戸を結ぶ阪神本線の中で、多くの人が乗り降りした駅はどこだったのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年11月の1日平均
調査対象阪神本線

・当記事では、X社(旧:Twitter社)が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてポストを利用しています。

(出典元:ハンドブック阪神|阪神電気鉄道株式会社

advertisement

【阪神本線】「2022年11月の駅別乗降人員」ランキング

画像:PIXTA
advertisement

第2位:神戸三宮(9万8937人)

画像:写真AC

 第2位は「神戸三宮」で、1日平均の乗降人員は9万8937人でした。2014年4月、観光客などに分かりやすくなるよう、それまでの「三宮駅」から「神戸三宮駅」に改称しています。

 まずは、JR三ノ宮駅や阪急電鉄・神戸三宮駅など、多くの路線への乗り換えが可能であることが、利用者の多さにつながっているといえるでしょう。また、周辺は旧居留地や神戸市立博物館など、観光スポットの集まっているエリアでもあり、日常的に阪神電車を利用する人だけでなく、観光客も利用する駅であることも、乗降人員の多い要因といえそうです。

advertisement

第1位:大阪梅田(14万4764人)

画像:写真AC

 第1位は「大阪梅田」で、1日平均の乗降人員は14万4764人でした。阪神本線の始発駅でもある大阪梅田駅。もともと「梅田駅」として営業していましたが、2019年10月、訪日外国人など多くの人に分かりやすくなるよう「大阪梅田駅」に改称されました。

 大阪梅田駅はJR各線・Osaka Metro各線・阪急電鉄と乗り換え可能な路線も豊富。大阪の中心部に立地しているとあって、多くの人が利用しているようです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング