メディア

【東京メトロ】「駅別乗降人員<少ない順>」ランキングTOP30! 第1位は「西ケ原」【2022年度最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 東京メトロでは、ウェブサイトで「各駅の乗降人員ランキング」を公開しています。これは、東京メトロの各駅について、1日平均の乗降人員を駅別に表したものです。

 今回はそのデータをもとに、「東京メトロの駅別乗降人員<少ない順>ランキング」を紹介します。なお、他鉄道との直通連絡駅および共用している駅は除外しています。

 東京都区部を中心に網の目のように張り巡らされた東京メトロ各線の駅のうち、乗降人員が少ない駅はどこだったのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2022年度
調査対象東京メトロ各駅

(出典元:各駅の乗降人員ランキング|東京メトロ

当記事では、X社(旧:Twitter社)が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

【東京メトロ】「駅別乗降人員<少ない順>」ランキング

画像:PIXTA
advertisement

第2位:桜田門(1万2224人)

画像:写真AC

 第2位は、千代田区にある東京メトロ有楽町線の「桜田門」駅で、乗降人員は1万2224人でした。乗り換え可能な路線がなく、そうしたことも乗降人員が少ない要因と考えられそうです。

 駅周辺には警視庁本部や国土交通省、海上保安庁など官公庁が集積。駅名の由来となっている「桜田門」は、正式名を「外桜田門」といい、江戸城の遺構として現在にその姿を伝えています。1961年に国指定重要文化財に登録されました。

advertisement

第1位:西ケ原(8131人)

画像:写真AC

 第1位は、北区にある東京メトロ南北線の「西ケ原」駅で、乗降人員は8131人でした。1日平均の乗降人員が1万人を下回る駅は西ケ原駅のみとなっており、東京メトロの利用者数の多さがうかがえます。

 西ケ原駅周辺には、旧古河庭園や北区立滝野川公園、地震の科学館、東京ゲーテ記念館などがあり、公園や文化施設などが多いエリアです。また、徒歩圏内にはJR京浜東北線・上中里駅があり、上中里駅の2022年度の1日平均乗車人員は6547人となっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング