メディア

【関東在住者が選ぶ】「客室が快適だと思うビジネスホテル」ランキングTOP16! 第1位は「アパホテル」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、関東在住者を対象に「客室が快適だと思うビジネスホテル」というテーマでアンケートを実施しました。

 関東在住の人から、「客室が快適だと思う」と評価されているのは、どのビジネスホテルだったのでしょうか。さっそく結果を見ていきましょう!

・当記事では、X社(旧:Twitter社)が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてポストを利用しています。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年6月29日
調査対象関東在住者
有効回答数190票
advertisement

【関東在住者が選ぶ】「客室が快適だと思うビジネスホテル」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第5位:ドーミーイン

 第5位は、「ドーミーイン」。得票率は8.4%でした。

 ドーミーインは、全国に展開する共立リゾートのホテル。グループブランドとして、ベーシックな「ドーミーイン」、ハイエンドブランドの「ドーミーインPREMIUM」、和風テイストの「御宿 野乃」、日帰り入浴やデイユースにも対応する「ドーミーインEXPRESS」があります。

advertisement

第4位:リッチモンドホテルズ

 第4位は、「リッチモンドホテルズ」。得票率は11.1%でした。

 アールエヌティーホテルズが経営するリッチモンドホテルズは、2006年5月に「リッチモンドホテル東京目白」を開業以来、全国展開を進めてきたホテルです。「ひとと自然にやさしい、常にお客さまのために進化するホテル」を経営理念に掲げ、清潔感を重視した羽毛布団のベッド、広々としたデスクなど、居心地の良い空間が用意されています。

advertisement

第3位:東横イン

 第3位は、「東横イン」。得票率は12.1%でした。

 1986年、東京都大田区蒲田で1号店をオープンした東横イン。蒲田が東京と横浜の中間にあることから、それぞれの頭文字を取って「東横」と名付けられました。2022年にはブランド再構築を実施し、「出発するホテル。東横INN」という標語を策定。部屋タイプは、ベッドのサイズが異なるスタンダードルームをはじめ、プライバシーを大切にした「ビジネスツイン」など、ニーズに合わせて選べるのが特徴です。

advertisement

第2位:三井ガーデンホテルズ

 第2位は、「三井ガーデンホテルズ」。得票率は18.4%でした。

 都心部を中心に各地で営業する三井ガーデンホテルズ。室内は使い心地のよい家具や快眠枕などの用意に加え、非日常感や地域性を感じられるデザインを採用。ホテルの中で一番長い時間を過ごす客室で、楽しみとくつろぎを提供することを心掛けています。

advertisement

第1位:アパホテル

 第1位は、「アパホテル」。得票率は21.6%でした。

 1984年、石川県金沢市で1号店をオープンし、その後、全国展開を進めてきたアパホテル。「新都市型ホテル」をコンセプトとし、プライバシーを尊重した高品質・高機能な客室の提供に取り組んでいます。快適さを追求し、オリジナルベッドの開発・導入を行うほか、50インチ以上の液晶テレビやシーリングライトの設置など、コンパクトな客室ながら、設備が充実しているのが特徴です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング