メディア

「行ってみたい関西のおもしろ駅」ランキングTOP5! 第1位は「貴志駅(和歌山県)」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 CMサイトが運営するランキングサイト「ランキングー!」では、全年代の男女を対象に「行ってみたい『関西のおもしろ駅』」について調査を実施し、その結果を発表しました。

 関西にある多くの駅の中で、多くの人が行ってみたいと考えた駅はどこだったのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年9月12日
調査対象全年代の男女(性別回答しないを含む)
有効回答数1万1118人

・当記事では、X社(旧:Twitter社)が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてポストを利用しています。

(出典元:ランキングー!

advertisement

「行ってみたい関西のおもしろ駅」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第2位:餘部駅(兵庫県)

 第2位は、兵庫県にあるJR山陰本線「餘部駅」でした。かつて、駅近くにあった「余部鉄橋」。1912年に完成し、東洋随一とされた鋼トレッスル橋で、観光名所としても知られていました。100年近くの間、JR山陰本線の運行を支えてきましたが、2010年にコンクリート橋へと架け替えられ、現在では「余部橋梁」と呼ばれています。

 余部鉄橋の3本の橋脚は現地保存され、2013年に余部鉄橋「空の駅」展望施設として生まれ変わっています。JR餘部駅は展望施設に直結。旧軌道の上を歩いたり、鉄橋の下が見られるのぞき窓で高さを実感したりと、楽しみ方はさまざまです。

advertisement

第1位:貴志駅(和歌山県)

 第1位は、和歌山県にある和歌山電鐵貴志川線「貴志駅」でした。貴志駅といえば、猫の「たま駅長」がいた駅として知っている人も多いのではないでしょうか。現在は「たまII世駅長」として三毛猫の「ニタマ駅長」が貴志駅の「マネージャー駅長」を務めています。ちなみに、隣駅・伊太祈曽駅の「スーパー駅長」と伊太祈曽駅長兼貴志駅駅長代行を務めているのも、猫の「よんたま駅長」なんですよ。

 和歌山電鐵のウェブサイトには、マネージャー駅長・ニタマや、スーパー駅長・よんたまの勤務予定を掲載。体調や気温などの状況にもよりますが、駅でその姿を見ることができます。

 また、貴志川線にはたま駅長をモチーフにした「たま電車」が走っています。駅長に会うだけでなく、乗って楽しむこともできるのが魅力です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング