メディア

借金が多い企業ランキングTOP20! 第1位は「トヨタ自動車」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 法人会員向けに与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスターは、上場企業の決算短信(金融機関除く)に基づき有利子負債を算出した「借金王ランキング」の第3回調査結果を発表しました。本記事では、TOP20までの企業を紹介します。

 一般的に借金はマイナスのイメージですが、借り入れた資金を積極的に事業に投下し、収益を得ている事例も多く見られます。それでは、ランキングを見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年7月1日時点で開示されていた2022年4月期決算以降の最新連結決算
調査対象金融機関(銀行、証券会社、保険会社等)を除く、決算短信提出企業
調査対象企業数3192 社

(出典元:リスクモンスター「第3回『借金王ランキング」』調査」

advertisement

借金が多い企業ランキングTOP20

画像:PIXTA
advertisement

第5位:三菱HCキャピタル(7兆4616億円)

 第5位は、「三菱HCキャピタル」でした。東京都千代田区に本社を置き、各種物件のリース、各種物件の割賦販売、各種ファイナンス業務などを事業とする企業で、2021年に三菱UFJリースと日立キャピタルが合併し誕生。国内外に120以上の拠点を持ちます。

advertisement

第4位:本田技研工業(8兆1026億円)

 第4位は「本田技研工業」でした。1948年に浜松の小さな町工場で自転車用補助エンジンの製造からスタートした本田技研工業。現在は、東京都港区に本社を置き、車・バイクの製造・販売などを手掛けています。2021年度の世界販売実績は2700万台以上を誇ります。日本国内のみならず、全世界で活躍する企業です。

advertisement

第3位:日本電信電話(7兆3643億円)

 第3位は、「日本電信電話」でした。NTTグループの持株会社である日本電信電話は、1952年に発足した日本電信電話公社を起源とした企業。総合ICT事業や地域通信事業などの事業を行っています。日本の電話の歴史を切り開いたイノベーターとして知られ、2023年3月期のNTTグループの売上高(営業収益)は約13兆1362億円。NTTグループで働く社員数は約33万人も存在し、世界中にサービスを提供するグローバル企業です。

advertisement

第2位:ソフトバンクグループ(21兆4574億円)

 第2位は、「ソフトバンクグループ」でした。1981年に孫正義さんによって設立された「日本ソフトバンク」をルーツとし、携帯電話事業を行うソフトバンク事業や投資事業などを行うソフトバンクグループの持株会社です。ソフトバンクグループは「情報革命で人々を幸せに」という経営理念を掲げ、「世界の人々が最も必要とするテクノロジーやサービス」を提供する企業グループを目指しています。

advertisement

第1位:トヨタ自動車(26兆4964億円)

 第1位は、「トヨタ自動車」でした。1937年にトヨタ自動車工業として創立した企業で、自動車の生産・販売を主な事業内容としています。2023年上半期では、ダイハツ工業および日野自動車を含めたグループ全体で約542万台もの販売台数を記録。4年連続で世界1位となり、好調を維持しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「自動車」のアクセスランキング