メディア

【北海道・東北在住者が選んだ】行きたい「関東・甲信越地方の温泉地」ランキングTOP14! 第1位は「鬼怒川温泉」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイトの「ボイスノート」協力のもと、北海道・東北在住者を対象に「行きたい関東・甲信越地方の温泉地」というテーマでアンケートを実施しました。

 疲れを癒やしたり、自然を満喫したりできる温泉地の中で、「行きたい」と北海道・東北地方に住む人々に支持されたのは関東・甲信越地方のどの温泉地だったのでしょうか。それではさっそくランキングを見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年10月19日
調査対象北海道・東北地方在住の男女
有効回答数156票
advertisement

行きたい「関東・甲信越地方の温泉地」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第5位:伊香保温泉

画像:写真AC

 第5位は、得票率7.7%の「伊香保温泉」でした。群馬県渋川市にあり、古くから名湯として全国的に知られています。伊香保温泉では、鉄分が酸化して独特の茶褐色となっている「黄金の湯」と、近年湧出が確認された無色透明な「白銀の湯」を楽しめます。また、大自然に囲まれた地域でもあり、高根展望台や長嶺公園からの眺望で四季それぞれの彩りを感じられます。

advertisement

第4位:日光温泉

画像:写真AC

 第4位は、得票率9.0%の「日光温泉」でした。栃木県日光市の湯ノ湖畔や金精峠の麓など、ユネスコ世界文化遺産に登録されている日光二社一寺の門前町に広がる温泉地。白濁の硫黄泉が有名で、神経痛やリウマチに効くといわれています。無料で利用できる足湯「あんよの湯」など、温泉を気軽に楽しめることも魅力。周辺には、世界一長い並木道としてギネスブックに掲載された日光杉並木街道などがあり、多彩な文化遺産に触れることができます。

advertisement

第3位:箱根温泉

画像:写真AC

 第3位は、得票率18.6%の「箱根温泉」でした。神奈川県足柄下郡箱根町に位置する、奈良時代に開湯した温泉地。箱根火山のあちこちに温泉街が形成されており、箱根二十湯と呼ばれています。それぞれの温泉街で泉質や効能も異なるため、自分に合う温泉をセレクト可能。また、広大な自然やアクティビティーが楽しめるスポット、美術館・博物館や動物園・公園などが周辺エリアに点在しているため、さまざまな楽しみ方ができる温泉地です。

advertisement

第2位:草津温泉

画像:写真AC

 第2位は、得票率19.2%の「草津温泉」でした。草津温泉は群馬県吾妻郡草津町に位置し、5位の伊香保温泉と並んで群馬県を代表する名湯。多くの源泉を有するため日本一の自然湧出を誇り、その量は毎分3万2000リットル以上にも及びます。また、草津温泉のシンボルとも言える「湯畑」は、湯が滝のように出てくる湯滝や湯の花が取れる湯桶など、見どころも豊富です。

advertisement

第1位:鬼怒川温泉

画像:写真AC

 第1位は、得票率19.9%の「鬼怒川温泉」でした。栃木県日光市鬼怒川地区にある温泉地で、箱根や熱海と並んで「東京の奥座敷」と呼ばれることもあります。明治以降に一般開放されてから、多くの観光客が訪れる地域として発展。泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛や五十肩、疲労回復など、さまざまな効能を持つとされています。自然に恵まれ、周辺には江戸ワンダーランドや東武ワールドスクウェアなどもあり、観光にも適した温泉地です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング