2021年春の最強袋麺を決めよう! あなたが好きな袋麺は?【人気投票】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 麺をお湯で煮るだけで簡単に作れる袋麺。昔ながらの定番の味から、近年では麺の食感のクオリティが高いものまで、さまざまな商品がお店に並んでいます。ネット上にはアレンジレシピも多く、自由な味変やちょい足しメニュー、イタリアンなどの違った麺料理に変えてしまうものまであります。

 本記事では、「あなたが選ぶ2021年春の最強袋麺は?」というアンケートを実施します。あなたのイチオシの袋麺にぜひ投票をお願いします! それでは、投票対象となる袋麺の中から代表的な4商品を紹介します。

画像は写真ACより
advertisement

サッポロ一番 みそラーメン

 1968年に発売された50年以上の歴史を持つ、サンヨー食品・サッポロ一番シリーズのロングセラー商品。発売当時はみそラーメン自体が普及していなかったものの、サッポロ一番 みそラーメンによって広く全国に広まることになりました。

 特徴は、8種類のみそをブレンドし香味野菜のうま味を利かせた濃厚でコクのある味わい。サンヨー食品の公式サイトでは、こちらを利用した「ナポリタン」などのアレンジレシピが公開されています

サンヨー食品 サッポロ一番みそラーメン 5食入"

サンヨー食品 サッポロ一番みそラーメン 5食入

580円(04/25 22:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

ラ王 醤油

 生麺感覚のツルっとしたのど越しが味わえる日清 ラ王。袋麺が登場したのは2012年となり、それまではカップラーメンなどが販売されていました。

 シンプルな醤油スープながら味は年々進化しており、透明感のある鶏ガラスープはうま味たっぷりで、最後まで飲み干したくなります。汁なしラーメンなどのアレンジレシピが人気のようです。

日清 ラ王 醤油 5食パック 505g"

日清 ラ王 醤油 5食パック 505g

570円(04/25 22:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

マルちゃん正麺 醤油味

 マルちゃん正麺は、インスタント麺の老舗である東洋水産のマルちゃんブランドが2011年に発売開始した商品です。商品名に麺が冠するとおり、なめらかさとコシを合わせ持った生感覚の麺が大きな特徴。

 その秘密は「生麺うまいまま製法」という特許製法で、ゆでた生麺を特殊な技術で乾燥させることにより、生麺の食感を再現しているとのこと。スープは、香味野菜をふんだんに利かせた香り高い醤油味。麺に負けないガツンとしたうま味が魅力です。東洋水産の公式サイトには各味のアレンジレシピが公開されています

advertisement

明星チャルメラ しょうゆ

 明星食品のロングセラーブランド・チャルメラシリーズは、1966年に発売されてから長きにわたり、メーカーの主力商品となっています。その中でも、スタンダードなしょうゆ味は、時代に合わせて麺やスープに改良が加えられてきました。

 現行のしょうゆ味は、うま味の強いホタテの風味に豚骨のコクと香味野菜の香り高さをプラス。しなやかで食べ応えのある中細麺がスープと絡んで相性抜群です。秘伝の小袋(スパイス)を加えることで、より味わい深くなります。公式サイトには納豆チャルメラや油そば、なめこおろしチャルメラなど手軽にできるアレンジレシピが公開されています

advertisement

その他

 以上、代表的な袋麺4商品を紹介しました。投票対象となる袋麺は、全部で57商品です。その中から、あなたの好きな商品に投票をお願いします。

 もし好きな袋麺が選択肢にない場合は「その他」へ投票していただき、コメントで商品名を教えてください。それでは、下のアンケートよりご投票よろしくお願いします。

advertisement

アンケート:あなたが選ぶ2021年春最強の袋麺は?

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ラーメン」のアクセスランキング