メディア

「営業職経験者の求人閲覧企業」ランキングTOP30! 第1位は「アマゾンジャパン」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 転職・就職のための情報プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークは、「2023年度上半期 求人閲覧企業ランキング」を発表しました。調査は、OpenWork上で2023年度上半期(2023年4月~2023年9月)に掲載された求人を対象に、閲覧数の多い求人をランキング化しています。

 本記事では、その中から「営業職経験者の求人閲覧企業ランキング」を紹介します。営業職から注目されていたのは、どの企業だったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

当記事では、X社(旧:Twitter社)が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてポストを利用しています。

advertisement

調査概要

調査対象OpenWorkに2023年4月~9月の期間で掲載された企業の求人票
調査方法閲覧数の多い求人の会社をランキング

(出典元:オープンワーク「2023年度上半期 求人閲覧企業ランキング」

advertisement

「営業職経験者の求人閲覧企業」ランキング

画像:PIXTA
advertisement

第5位:ユーザベース

 第5位は「ユーザベース」でした。東京都千代田区に本社を構える、2008年創業の情報関連企業です。コアアセットである経済情報(データ・コンテンツ・人の知見)の共同活用により、アジャイル経営の実現をサポートするSaaS、経済ニュースメディアなど、さまざまな事業を展開。経済情報プラットフォーム「SPEEDA」、営業DXソリューション「Forcas」などのサービスを手掛けています。

 同社ではエンジニア職をはじめ、ビジネス職・デザイナー職などを求人。コアタイム無しのスーパーフレックス制度や、有給休暇とは別に7日間連続した休暇を年2回取得できるロングバケーション制度のほか、不妊治療相談窓口やシッター代補助など、出産・育児の支援も充実。リーダー育成を目的とする研修制度をはじめ、非エンジニアメンバーが楽しく学べるエンジニアリング研修や、個人と会社が業務委託契約をし、報酬を得られるグループ内副業などユニークな制度も整備されています。

advertisement

第4位:セールスフォース・ジャパン

 第4位は「セールスフォース・ジャパン」でした。東京都千代田区に本社を構える、2000年創業の情報関連企業。CRM(顧客関係管理)ソリューションを中心に、クラウドアプリケーションおよびクラウドプラットフォームの提供を行っています。中でもCRMである「Customer 360」は、営業・カスタマーサービス・マーケティング・Eコマース・IT部門など、ビジネスを成長させるすべての機能を単一のプラットフォームで実現させています。

 手厚いキャリアサポートをはじめ、オンライン学習ツールを使用した教育制度や、給付金の上限がある法定の育児休業制度に代わり、従業員が取得できる独自の育児休暇制度を用意。就業時間内に関心のある社会貢献活動に参加できる制度や、同一労働同一賃金を基本に全従業員に適正な給与が支払われていることを確認するなど、働きやすい環境が整備されているところも魅力です。

advertisement

第3位:freee

 第3位は「freee」でした。東京都品川区に本社を構える、2012年創業のフィンテック企業。個人事業主・中小企業を対象に、会計・人事労務など事務管理の効率化を目的とした、SaaS型クラウドサービス(freee会計・freee人事労務など)の開発・運営を実施。クラウド会計・人事労務ソフトの分野で高いシェアを誇っています。

 同社では会社の半径2キロ圏内に居住した場合に支給される住宅手当や、賃貸物件を法人名義で契約し、会社が物件を貸し出す借り上げ社宅、ドリンク無料などユニークな制度を用意。社内でのコミュニケーションが取りやすい環境づくりにも注力しています。また、成長支援に対する取り組み・制度や、家事代行補助・ベビーシッター利用補助などの福利厚生が充実しているところも魅力です。

advertisement

第2位:アクセンチュア

 第2位は「アクセンチュア」でした。東京都港区などにオフィスを構える、1962年創業のコンサルティング企業。「ストラテジー&コンサルティング」「テクノロジー」「オペレーションズ」「インダストリーX」「アクセンチュアソング」の5つの領域で幅広い事業を展開。金融・医療・通信・エネルギーなど、多岐にわたる業界にサービスを提供しています。

 同社では、6項目57カ条で構成された行動指針「コア・バリュー」を定義。さらに「多様性を尊重した魅力的な職場」や「優秀なグローバル人材の獲得」に向けた意識・文化の風土改革の検討を行い、2015年には独自の働き方改革「Project PRIDE」を始動させています。その結果、 残業時間が減り、離職率が下がり、女性の比率も向上するなど、働きやすい環境が整備されています。

advertisement

第1位:アマゾンジャパン

 第1位は「アマゾンジャパン」でした。東京都目黒区に本社を構え、2000年にサービスを開始したインターネットを中心とする卸売業・小売業。数億種類の商品を取り扱う総合オンラインストア「Amazon.co.jp」を運営。そのほか、「Amazonプライム」「Amazon Pay」「Amazon Web Services」などのサービス、電子書籍リーダーKindleシリーズの提供など、さまざま事業を展開しています。

 同社では、オペレーションやITをはじめ、事業企画・エンジニア・データアナリスト・ファイナンスなどさまざまな職種を用意。充実した福利厚生のほか、海外を含むアマゾン内の募集中のポジションに応募できる社内公募制度や、アマゾンが販売・発送する商品の購入に対し、年間購入額16万円を上限に10%の社員割引なども受けられます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「就職・転職」のアクセスランキング