メディア

【50代以上が選ぶ】「日本一だと思うベーシスト」ランキングTOP17! 第1位は「ハマ・オカモト」【2022年調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、50代以上を対象に「日本一だと思うベーシスト」というテーマでアンケートを実施しました。

 数多くいる日本人ベーシストの中で、50代以上から「日本一」だと評価されたのは、どのミュージシャンでしょうか?

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2022年9月14日
調査対象全国の50代以上
有効回答数291票
advertisement

【50代以上が選ぶ】「日本一だと思うベーシスト」ランキング

出典:Amazon.co.jp
advertisement

第2位:寺沢功一

 第2位には「寺沢功一」さんが選ばれました。寺沢さんは、1984年にハードロックバンド・BLIZARDとしてデビュー。1994年には、ドラマーの樋口宗孝さんと共にヘヴィメタルバンド・SLYに参加。日本だけでなく海外でも人気となり、その後もさまざまなアーティストのレコーディングやツアーに参加してきました。

 そんな寺沢さんは2023年に還暦を迎え、「寺沢功一ベース1本一人旅還暦ソロライブツアー~Birthday Month Tour 2023~」を開催。歳を重ねても精力的に活動する姿が、多くの人から支持されているのかもしれません。

advertisement

第1位:ハマ・オカモト

 第1位に輝いたのは、「ハマ・オカモト」さんでした。ロックバンド・OKAMOTO’Sのベースとして活躍し、またダウンタウンの浜田雅功さんの長男としても知られています。その功績が認められ、2013年には日本人ベーシストとして初めてフェンダー社とエンドースメント契約を締結しました。

 バンド活動の他にさまざまなアーティストのレコーディングに参加。2022年の「第73回NHK紅白歌合戦」では、スペシャルバンド「桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎」にゲストミュージシャンとして出演しました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング