メディア

【40代が選ぶ】「この冬温泉旅行に行きたい」都道府県ランキングTOP30! 第1位は「北海道」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全国の40代の男女を対象に「この冬温泉旅行に行きたい都道府県」というテーマでアンケートを実施しました。

 寒い冬には体の芯からほぐれる温泉に入りたくなりますよね。各都道府県の中で、全国の40代の人から「この冬温泉旅行に行きたい」と思われているのは、どこだったのでしょうか。さっそく、ランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年11月2日
調査対象全国の40代の男女
有効回答数180票
advertisement

【40代が選ぶ】「この冬温泉旅行に行きたい」都道府県ランキング

画像:PIXTA
advertisement

第2位:大分県

画像:写真AC

 第2位は「大分県」でした。大分県の中央部を北東に向かって走る「別府-島原地溝」に沿ってたくさんの火山があり、火山の周辺には「火山性温泉」が点在しています。大分県の源泉数は、5093個と全国で最も多く、全国にある源泉の約18%を占めています。

 同県で有名なのは「別府温泉」です。さまざまな泉質の温泉が楽しめる温泉地で、入浴だけではなく温泉の蒸気を用いた蒸し料理なども楽しめます。観光では、日本最古の天然地獄と言われている「血の池地獄」や、国の指定名勝である「龍巻地獄」「海地獄」などの「地獄めぐり」がおすすめです。

advertisement

第1位:北海道

画像:写真AC

 第1位は「北海道」でした。日本の最北に位置する北海道にも、たくさんの温泉地があります。また、温泉に入るついでに雪景色やおいしいグルメを楽しめるのも大きな魅力です。

 そんな北海道で有名なのが「登別温泉」。さまざまなホテルや旅館の並ぶ、北海道の代表的な温泉郷です。泉源のある「地獄谷」や「日和山」は活動が活発で、噴き出す熱い水蒸気や硫黄の香りを体感できます。また、登別温泉では、乳白色のにごり湯も有名です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング