メディア

【60代以上の男性が選ぶ】カリスマ性を感じる歴代の「石原軍団」メンバーランキングTOP22! 第1位は「石原裕次郎」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、60代以上の男性を対象に「カリスマ性を感じる歴代の『石原軍団』メンバー」というテーマでアンケートを実施しました。

 多くの60代以上男性が「カリスマ性を感じる」と回答した歴代の「石原軍団」メンバーは、誰だったのでしょうか。それではランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年10月5日
調査対象60代以上の男性
有効回答数705票
advertisement

【60代以上の男性が選ぶ】カリスマ性を感じる歴代の「石原軍団」メンバーランキング

advertisement

第2位:渡哲也

 第2位は「渡哲也」さんでした。渡哲也さんは、1965年に映画「あばれ騎士道」でデビュー。日活のスター俳優として数多くの作品に出演した後、石原プロモーションに移籍。「西部警察」シリーズなどで人気を博しました。

 石原裕次郎さんが亡くなった後は、石原プロモーションの2代目社長に就任。その一方で、NHK大河ドラマ「秀吉」や「義経」をはじめ、多くのテレビドラマにも出演し、活躍しました。

advertisement

第1位:石原裕次郎

スクリーンメモリーI [DVD]"

スクリーンメモリーI [DVD]

石原裕次郎
2,516円(03/02 17:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「石原裕次郎」さんでした。1956年、兄・石原慎太郎さんの芥川賞受賞作を原作とする映画「太陽の季節」に出演し、その後、日活に入社。「狂った果実」で映画初主演を務めると大スターとなりました。

 1963年、石原プロモーションを設立。1970年代には、主にテレビに活動の場を移し、「太陽にほえろ!」シリーズや「西部警察」シリーズで幅広い世代からの支持を集めました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング