メディア

【西日本在住の女性に聞いた】「場所が思い出せるか不安な都道府県」ランキングTOP22! 第1位は「栃木県」【2022年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、西日本在住の女性を対象に「場所が思い出せるか不安な都道府県」というアンケートを実施しました。

 多くの西日本在住の女性が、場所が思い出せるか不安だと感じているのは、どの都道府県なのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2022年10月13日
調査対象西日本在住の女性
有効回答数105票
advertisement

【西日本在住の女性に聞いた】「場所が思い出せるか不安な都道府県」ランキング

画像:PIXTA
advertisement

第5位:岐阜県

 第5位は得票率5.7%で岐阜県でした。岐阜県は本州のほぼ中央、愛知県の北側に位置する都道府県です。県内には日本三名泉に数えられる下呂温泉や、世界文化遺産の白川郷、勇壮な岐阜城天守閣など、観光地が多数あります。

 岐阜県は、東海地方と中部地方の両方に属しているため、場所を把握しにくいのかもしれませんね。

advertisement

第4位:富山県

 第4位は得票率6.7%の富山県でした。日本海に面しており、新潟県の西側に位置する都道府県です。国内最大級のスケールを誇る黒部ダムや、日本の渚100選に選ばれた雨晴海岸などの観光地がありま​す。

 新潟県や長野県など有名な県に隣接していることが、位置を思い出せない理由のひとつかもしれません。

advertisement

第3位:福井県

 第3位は得票率7.6%で福井県でした。福井県は本州の日本海側にあり、滋賀県の北部に位置する県です。県庁所在地は福井市で、北陸地方では最も人口が少ない県になります。海や山に囲まれた自然豊かな環境で、東尋坊や三方五湖などの景勝地が有名です。

 豊かな自然と伝統文化が魅力的な福井県ですが、福岡県や福島県など、「福」がつく有名な県があることから、位置の印象が薄くなってしまったのかもしれません。

advertisement

第2位:群馬県

 第2位は得票率14.3%の群馬県でした。群馬県は関東地方の北西部に位置する内陸県で、県庁所在地は前橋市です。県内には草津温泉や伊香保温泉など、全国的に有名な観光地があります。

 群馬県は埼玉県や栃木県、長野県など多くの県に面しており、内陸部にあるため、正確な場所や位置関係を思い出せない人が多いのかもしれません。

advertisement

第1位:栃木県

 第1位は得票率16.2%の栃木県でした。同県は関東地方の北部に位置しており、県庁所在地は宇都宮市です。観光地では高原や温泉がある那須や、日光東照宮や華厳の滝などがある日光が有名です。また、宇都宮市は餃子が名物として知られていて、食文化にも魅力がある土地です。

 一方で、栃木県は多くの県に面しており、位置関係が少々分かりづらいため、観光などで訪れたことがあっても、具体的な場所の記憶が曖昧になりがちなのかもしれません。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング