メディア

【30代以下が選ぶ】「初めて買うのにおすすめのスニーカーブランド」ランキングTOP25! 第1位は「ナイキ」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全国の30代以下の男女を対象に「初めて買うのにおすすめのスニーカーブランド」というテーマでアンケートを実施しました。

 デザイン性だけでなく、形状やクッション性など、多彩な特徴を持つスニーカー。初めての一足として人気を集めたのは、どのブランドなのでしょうか? 早速結果を見てみましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年11月10日
調査対象全国の30代以下の男女
有効回答数204票
advertisement

【30代以下が選ぶ】「初めて買うのにおすすめのスニーカーブランド」ランキング

出典:Amazon.co.jp
advertisement

第5位:ニューバランス

出典:Amazon.co.jp

 第5位は「ニューバランス」でした。アメリカのマサチューセッツ州ボストン市に本社を置くスポーツシューズメーカーで、1906年にアーチサポートインソールや矯正靴の製造メーカーとして開業しました。

 ニューバランスでは豊富なデザインと、価格帯も5000円台から2万円以上するものまで豊富なラインアップを取りそろえています。足を優しく包み込み、しっかりキャッチしてくれるような履き心地にも定評があります。

advertisement

第4位:プーマ

出典:Amazon.co.jp

 第4位は「プーマ」でした。1920年、ドイツのニュルンベルクに靴職人の息子として生まれたダスラー兄弟が創立した製靴会社「ダスラー兄弟商会」がルーツとなっています。

 「それぞれのスポーツにあった専用のスニーカーが必要だ」という考えの元で生み出されたスニーカーは、多くのスポーツ選手たちから好評で、ブランドは世界に飛躍していきました。プーマでは、ほぼ全てのスニーカーに「フォームストライプ」と呼ばれる流線型の側面パネルが付けられています。

advertisement

第3位:コンバース

出典:Amazon.co.jp

 第3位には「コンバース」がランクイン。1908年、アメリカ・マサチューセッツ州でラバーカンパニーのマネージャーを務めていたマーキス・M・コンバースによって設立されました。

 雨や雪の中でも作業の出来るラバーシューズを製造し、その品質の高さが大きな支持を獲得。1917年には世界初のバスケットボール専用スニーカーを作成しました。コンバースのスニーカーは、多彩なファッションに合わせやすく、価格もリーズナブルな点が人気の理由の一つといえそうです。

advertisement

第2位:アディダス

出典:Amazon.co.jp

 第2位は「アディダス」でした。4位のプーマと同じく、ドイツの靴製造会社「ダスラー兄弟商会」がルーツとなっています。社名の由来は、弟のアドルフ・ダスラーの愛称である「アディ」と、名字のダスラーから「ダス」をとり、アディダスとなったといわれています。

 スニーカーのトレードマークである「スリーストライプライン」は、スポーツスニーカーの補強の為に編み出された3本のバンテージを表現しているそうです。

advertisement

第1位:ナイキ

出典:Amazon.co.jp

 第1位に輝いたのは「ナイキ」でした。オレゴン大学の陸上部コーチであり、自作のランニングスニーカーを制作していたビル・バウワーマン。その陸上部の選手だったフィル・ナイトの共同出資によって、1964年に設立されたブルーリボンスポーツ社をルーツとしています。NIKEという名前は、ギリシャ神話の勝利の女神「ニーケー(nike)」に由来するそうです。

 スニーカーにおいては、ハイテクスニーカーブームの火付け役となった「エアシステム」をはじめ、多くのラインアップが次々と登場しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング