メディア

【愛媛県民が選んだ】「住み続けたい街(自治体)」ランキングTOP10! 第1位は「西条市」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 大東建託は、愛媛県居住の20歳以上の男女を対象に調査を行い、いい部屋ネット「街の幸福度&住み続けたい街ランキング2023<愛媛県版>」として発表しました。この記事では、そのなかから「住み続けたい街ランキング2023<愛媛県版>」を紹介します。

 集計対象は回答者が50人以上の自治体で、2020年~2023年の回答を累積して集計しています。愛媛県に住んでいる人から「住み続けたい」と思われているのは、どの街(自治体)だったのでしょうか。それでは、ランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年2月17日~3月15日
2022年3月8日~3月29日
2021年3月17日~3月30日
2020年3月17日~4月3日
調査対象愛媛県居住の20歳以上の男女
有効回答数7143人

(出典元:いい部屋ネット「住み続けたい街 自治体ランキング<愛媛県版>」

advertisement

【愛媛県民が選んだ】「住み続けたい街(自治体)」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第2位:松山市

画像:写真AC

 第2位は「松山市」でした。松山市は四国の中心都市であり、愛媛県の県庁所在地です。中心地には伊予鉄道の松山市駅や松山城などがあり、商業施設が集中しています。車で少し行けば緑を満喫できるのも魅力。

 JR四国が運営する松山駅と伊予鉄道の松山市駅は、市内の公共交通の中心であり、県内外へのアクセスが容易です。特に、松山市駅からは松山空港へ車で約15分、松山観光港へは車で約25分と、全国的に見てもアクセスの良さが突出しています。

 また、JR松山駅周辺では大規模な再開発が行われており、2024年の秋ごろには改築が完成予定です。これにより、駅の利便性がさらに向上し、市内電車への乗り換えも短縮される見込みとなっています。

advertisement

第1位:西条市

画像:写真AC

 第1位に輝いたのは、「西条市」でした。愛媛県東部に位置し、瀬戸内海と西日本最高峰の石鎚山に囲まれた自然豊かな地域です。温暖な気候と良質な自噴水「うちぬき」が特徴で、由緒ある寺や名湯といった魅力的な観光資源に恵まれています​​​​。

 西条市は多種多様な農作物の一大産地であり、農業・水産業が盛んです。日本一の生産量を誇るはだか麦やあたご柿、春の七草などが生産されており、地域の食文化を支えています。

 また、西条市には四国最大規模の工業地帯を持つ都市という一面も。製造業をはじめとするさまざまな企業が立地しており、地域経済の発展に大きく貢献しています。

 観光面では、「四国の小嵐山」武丈公園や久妙寺の桜など、四季折々の景観や行事が楽しめる点も魅力です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「住まい」のアクセスランキング