メディア

「東海エリアの平均年収」ランキングTOP4! 第1位は「愛知県」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 求人サイト「doda」を運営するパーソルキャリアは、2022年9月~2023年8月にdodaサービスに登録した約63万人(正社員)の平均年収データを47都道府県別に集計。2023年12月に「平均年収ランキング(47都道府県・地方別の年収情報)【最新版】」として公開しました。

 本記事では、「東海エリア」のランキングを紹介します。東海エリア(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)全体の平均年収は403万円であり、前回の結果と比べて、4県全てで平均年収が向上しています。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査対象2022年9月~2023年8月末までの間に、dodaサービスに登録した20~65歳の男女(正社員)
有効回答数約63万件

(出典元:平均年収ランキング(47都道府県・地方別の年収情報)【最新版】

advertisement

「東海エリアの平均年収」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第2位:三重県

画像:写真AC

 第2位は「三重県」でした。平均年収は401万円で、男女別に平均年収を見ると、男性は445万円、女性は332万円でした。「お伊勢さん」「大神宮さん」とも呼ばれる「伊勢神宮」や世界文化遺産「熊野古道」などがあり、自然と文化、海と山の幸に恵まれていることから「美し国(うましくに)」との呼び名で知られています。

 一方で、2000年代には半導体や液晶関連産業への大規模投資が行われるなど製造業も大きく発展。四日市市には石油化学コンビナートが集積しているほか、鈴鹿市では自動車産業が発達しています。また、2大都市である名古屋と大阪の中間に位置しているという地理的な特徴があります。

advertisement

第1位:愛知県

画像:写真AC

 第1位は「愛知県」でした。平均年収は407万円で、男女別に平均年収を見ると、男性は460万円、女性は338万円となっています。県庁所在地の名古屋市は政令指定都市であり、同市を中心とした中京圏は、首都圏・近畿圏とともに三大都市圏の一角を占めています。

 県内の産業における製造業の割合は他の都道府県と比べて高く、2020年の「製造品出荷額等」は43兆9880億円で、44年連続全国第1位の実績を有しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング