「このマンガがすごい!2024」ランキングTOP10! 「オンナ編」1位は「うみべのストーブ 大白小蟹短編集」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 宝島社が毎年発行しているマンガランキング本の最新版「このマンガがすごい!2024」が12月13日に発売。オトコ編1位が平井大橋「ダイヤモンドの功罪」、オンナ編1位が大白小蟹「うみべのストーブ 大白小蟹短編集」に決定した。

 あのさんが表紙の「このマンガがすごい!2024」では、11位から20位までのランキングも公開される。ここではオンナ編の1位から10位までを紹介する。

(出典元:このマンガがすごい!2024

advertisement

「このマンガがすごい!2024」ランキングTOP10!【オンナ編】

advertisement

第2位:「気になってる人が男じゃなかった」新井すみこ/KADOKAWA

出典:Amazon.co.jp
気になってる人が男じゃなかった VOL.1 (KITORA)"

気になってる人が男じゃなかった VOL.1 (KITORA)

新井 すみこ
1,210円(04/15 22:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

 新井すみこが自身のXアカウントで公開し、単行本になるや即重版となった話題作。CDショップで働いているミステリアスな「おにーさん」が気になってしょうがない女子高生・あや。しかし「おにーさん」の正体は、話したこともない、クラスメイトの目立たない女子・みつきだった――。

advertisement

第1位:「うみべのストーブ 大白小蟹短編集」大白小蟹/リイド社

出典:Amazon.co.jp
うみべのストーブ 大白小蟹短編集 (トーチコミックス)"

うみべのストーブ 大白小蟹短編集 (トーチコミックス)

大白小蟹
880円(04/15 22:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

 オンナ編1位に選ばれた「うみべのストーブ 大白小蟹短編集」は、大白小蟹のデビュー単行本。表題の「うみべのストーブ」は、恋人のえっちゃんにフラれ、泣き暮らすスミオを慰めたのはストーブだったという物語。恋人と過ごした日々をストーブの視点で描いている。ほかにも「雪を抱く」「海の底から」「たいせつなしごと」など7篇を収録している。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング