メディア

【カメラ】あなたの好きな「デジタルカメラメーカー」はどこ?【2021年版アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本が世界に誇る工業製品といえば自動車をイメージする人も多いと思いますが、「カメラ」も世界的シェアを誇る代表的な製品の一つです。

 フィルムカメラの時代からデジタルカメラの時代へと移り変わり、やがてカメラの構造も反射鏡を持たない「ミラーレス一眼」が主流となりました。近年では大手メーカー各社が、35mmフルサイズのイメージセンサーを搭載したミラーレス一眼を市場に投入するなど活気づいていますが、昔ながらの「一眼レフ」にこだわるメーカーも存在します。

 そこで、今年は「主要なデジタルカメラメーカー」の人気投票を実施します! センサーサイズの大きさや構造を問わず、現在デジタルカメラを製造・販売する好きなメーカーにご投票ください。それではまず、国内の主なメーカー7社を紹介していきます!

画像は123RFより
advertisement

SONY(ソニー)

 ひと昔前は「ソニーがカメラ?」と首を傾げる人がいましたが、そんな時代はすでに終わりを告げました。ソニーは世界初となる35mmフルサイズのミラーレス一眼カメラ「α7」の成功により、主要なカメラメーカーとして大きく飛躍。今やフルサイズのミラーレス一眼ではトップシェアを誇ります。

 また、往年のファンからはミノルタ(現:コニカミノルタ)の遺伝子を受け継ぐメーカーとしても知られています。

画像はSONY公式サイトより引用
advertisement

Canon(キヤノン)

 フィルムカメラ時代からのトップブランドで、堅実にカメラを作り続けている老舗。ビギナー向けからプロユースまで機種が豊富で、根強いファンも多いのがキヤノンです。

 ミラーレスへの参入はやや遅かったものの、2018年にはフルサイズセンサー搭載の上位機種「EOS R」シリーズが発売され、トップを走るソニーを猛追しています。

画像はキヤノン公式サイトより引用
advertisement

Nikon(ニコン)

 キヤノンと双璧をなす老舗で、こちらも2018年にフルサイズミラーレスを発売し、待ち望んでいたファンを歓喜させました。

 なおこの時、かたくなにミラーレスとはいわず「アドバンストカメラ」という表現を使っていました。キヤノンと比較するとパキッとした鮮明な写真が撮れるといわれています。

画像はニコン公式サイトより引用
advertisement

OLYMPUS(オリンパス)

 フィルムカメラ時代からの老舗であるオリンパス。独自規格であるフォーサーズおよびマイクロフォーサーズシステムを採用したカメラで知られており、本格派の「OM-D」シリーズと、かわいいデザインで女性に人気の「PEN」シリーズを二本柱としています。

 なお、オリンパスは2020年6月にカメラ事業を売却し、市場から撤退することを発表しましたが、その後、同社の映像事業部門が分離・独立したOMデジタルソリューションズがカメラ事業を承継。「オリンパス」ブランドも当面の間は維持されることとなり、ホッと胸をなでおろしたファンも多かったのではないでしょうか。

画像はオリンパス公式サイトより引用
advertisement

FUJIFILM(フジフイルム)

 昔からフィルムをつくり続けてきたフジフイルムのカメラは、色の再現性に定評があります。その鮮やかな色表現に魅入られた人は数知れず。いかにもカメラらしいシックでコンパクトなデザインもあって、一度好きになったら離れられない魅力があります。

 主力となるFUJIFILM Xシリーズのほか、2017年には国内初となる中版ミラーレス一眼「GFX 50S」も発売されました。

画像はフジフイルム公式サイトより引用
advertisement

Panasonic(パナソニック)

 家電メーカーという印象が強いパナソニックですが、実は世界で初めて、ミラーレス一眼を発売した先駆者でもあります。

 ミラーレス一眼用の規格「マイクロフォーサーズシステム」をオリンパスと共同開発したことで知られるほか、シグマやライカなどと共通となるフルサイズミラーレス用レンズマウントである「ライカLマウント」を採用したカメラも製造しています。

画像はパナソニック公式サイトより引用
advertisement

PENTAX/RICOH(ペンタックス/リコー)

 ニコンやキヤノン、オリンパスなどと並ぶフィルム時代からの老舗であるペンタックスおよびリコー。もともとは別の企業でしたが、現在ペンタックスはリコーイメージングのブランドとして存続しています。

 主要なメーカー各社が「ミラーレス一眼」を次々に投入する中、ペンタックスは2020年に「一眼レフの未来を創る」として、今後も「一眼レフ」カメラを作り続けていくと表明。その執念ともいうべき光学ファインダーへのこだわりから、根強いファンも少なくありません。

画像はリコーイメージング公式サイトより引用
advertisement

まとめ

 ここまで主なカメラメーカー7社を紹介してきました。もちろんこのほかにも国内外に多くのメーカーが存在します。今回は上記7社を含め、主にデジタルカメラを製造している主要なメーカーを選択肢として設定しました。なお、ウェブカメラやスマートフォンなどのカメラのメーカーは含めていませんのでご注意ください。

 もしも好きなメーカーが選択肢にない場合は「その他」に投票のうえ、コメント欄にメーカー名をお書きください。また、各メーカーの魅力や思い入れなどもぜひコメント欄にお寄せください! みなさんのご投票お待ちしています!

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.