「今年活躍した男性アスリート」ランキングTOP5! 第1位は「大谷翔平」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 博報堂DYメディアパートナーズは、博報堂DYスポーツマーケティングおよびデータスタジアムと共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「『アスリートイメージ評価調査』2023年総括特別編」を行いました。

 調査は12月1日から5日かけてインターネット上で実施。本記事では、その中から「『今年活躍した』男性アスリート」TOP5を紹介します。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年12月1日~12月5日
調査対象首都圏と京阪神圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県)に在住の15~69歳の男女
有効回答数600

(出典元:博報堂DYメディアパートナーズ「『今年活躍した』アスリートは、大谷翔平、三苫薫、早田ひな、池江璃花子が上位に 『来年活躍が期待できる』は、大谷翔平、久保建英、池江璃花子、坂本花織に~『アスリートイメージ評価調査』2023年総括特別編~」

advertisement

「今年活躍した男性アスリート」ランキングTOP5!

出典:Amazon.co.jp
advertisement

第2位:三笘薫(海外サッカー)

出典:Amazon.co.jp
サッカーダイジェスト 2021/6/10号 [雑誌]"

サッカーダイジェスト 2021/6/10号 [雑誌]

日本スポーツ企画出版社
609円(04/14 17:26時点)
発売日: 2021/05/27
Amazonの情報を掲載しています

 第2位には、サッカーの「三苫薫」選手がランクイン。2020年シーズンに「川崎フロンターレ」のメンバーとしてプロデビューした後、2022年からはイングランド・プレミアリーグ1部「ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC」に所属しています。

 2022年開催の「カタール・ワールドカップ」では、スペイン戦でのプレーが「三笘の1ミリ」と大きな話題に。2023年8月19日に行われたウォルバーハンプトン戦では、相手チームの包囲網をかいくぐって先制点を決める活躍を披露し、同月のプレミアリーグ月間最優秀ゴール賞に選出されました。

advertisement

第1位:大谷翔平(MLB・大リーグ)

 第1位は野球の「大谷翔平」選手でした。2013年に「北海道日本ハムファイターズ」へ入団し、2018年からは「ロサンゼルス・エンゼルス」所属のメジャーリーガーとして活躍。2023年12月に「ロサンゼルス・ドジャース」への移籍を発表しました。

 2023年3月開催の「2023 ワールド・ベースボール・クラシック」でも日本代表の一員として活躍した大谷選手。同年のシーズンでは、2回目となるシルバースラッガー賞とシーズンMVP、日本人選手として初となる本塁打王とハンク・アーロン賞などを受賞しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング