【男性が選ぶ】大相撲の「平成以降の大関」人気ランキングTOP24! 第1位は「魁皇博之」【2024年最新投票結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、2024年1月25日〜2月1日にかけて「大相撲の平成以降の大関で好きな力士は?」というアンケートを実施しました。

 本記事では、投票結果から「男性」の結果を抽出して紹介。長い大相撲の歴史の中で、数多くの大関が活躍してきました。果たして、全国の男性から票を集めたのは誰でしょうか? さっそくランキングを見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2024年1月25日〜2月1日
有効回答数404票
質問「平成以降の大関」で好きな力士は?
advertisement

第2位:朝乃山英樹(朝乃山広暉)

出典:Amazon.co.jp
大相撲朝乃山英樹大器花咲く。―令和初の天皇賜杯"

大相撲朝乃山英樹大器花咲く。―令和初の天皇賜杯

1,528円(04/21 03:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は、「朝乃山英樹」さんです。富山県出身の朝乃山さんは、高砂部屋に所属する力士。大関には2020年7月場所で昇進するも、不祥事などがあり6場所出場停止処分を受けることになります。その後、「朝乃山広暉」に四股名を改めて復帰し、2023年1月21日には初の十両優勝を達成。人気と実力がある力士で、大関への返り咲きが期待されています。

advertisement

第1位:魁皇博之

出典:Amazon.co.jp
「我が道」浅香山博之(元大関・魁皇)"

「我が道」浅香山博之(元大関・魁皇)

770円(04/21 03:52時点)
発売日: 2018/05/11
Amazonの情報を掲載しています

 第1位に輝いたのは、「魁皇博之」さんでした。2000年9月から2011年7月まで大関に在位していた元力士で、生涯戦歴は1047勝700敗158休(140場所)です。大関としての戦歴は、524勝328敗119休(65場所)で、怪力を生かした左四つ右上手が得意の形。幕内優勝5回、殊勲賞10回など、数々の偉大な記録を打ち立てました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング